足回りの防錆処理

2012/12/17

来たるべき北陸の厳しい冬に備えて...
スタッドレスの装着も大分落着いたようですが,冬の融雪剤による錆対策に お車の足回りの防錆処理 3Sアンダーガードの受注が増えています。
今日ご紹介のお車も 新車から5年経過していますが,またまだ大切に乗りたいというオーナーさんの想いに応えるべく 持てる技術を駆使しての施工で仕上げます。(ただ 塗りたぐるだけではないんですよー...)
DSCF4037.jpg
まずは スチーム処理で下廻りの汚れを落とします。
床に広がった黒は長年のこびり付いた汚れです。何事も下地処理が大切ですね。 
DSC07044.jpgDSC07035.jpg DSC07038.jpg
次に錆びた場所の確認と錆止め処理作業に進みます。
やはり 鉄板のつぎ目の錆が目立ちます。
DSCF4043.jpg DSCF4058.jpgDSCF4046.jpg DSC07234.jpg
錆びた部分へのサビ止め処理のあとNoxudolを
塗り込んでいきます。

しっかり塗るには きちんとしたマスキングが大切! 
厚くムラなくそしてキレイな仕上がりは時間と技術が必要です。
DSCF4011.jpg DSC07229.jpg DSC07261.jpg DSC07262.jpg DSC07260.jpg
タイヤハウス(フェンダー内部)は,カバーに覆われているものも多く,サビ止め効果だけではなく走行音の減少,より制振 遮音効果をえるためのカバーを外して施工(オプションメニュー)を希望される方も増えています。
DSC07252.jpg DSC07251.jpg DSC07250.jpg
今年 ボディのコーティング,足回りの防錆処理と愛車リフレッシュを思い切ったオーナーさん..お車にかけた予算も想定外になったと思われます。が そのご予算以上の仕上がりになるよう努力させていただきました。スタッドレスタイヤと入れ替えた夏用タイヤ,ホイルコートさせていただいたアルミホイールも洗うだけでこの通りです。リフレッシュされた愛車を更に大切になさって下さいね,みがき工房高岡は 精一杯そのサポートをさせていただきます。今回の施工ありがとうございました。
DSC07275.jpg DSC07282.jpg DSC07284.jpg

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)