冬の産物?

2013/01/15

毎週火曜日 みがき工房高岡は定休日のお休みです!
関東方面 都心でも雪の影響で大変だった昨日,今日…その影響でケガをされた方が1512人,死亡1人(1/15 19時現在)ということでお見舞い申し上げます。雪に慣れていないみなさんには本当に大変だったと思われます。

今日は そんな真冬のお車への弊害のひとつを少々ご紹介させていただきます。
下の画像のリヤバンパーをご覧下さい 何かおかしいか?? よ~く見て下さい,黒いバンパーが黄金色になっていませんか? 油がついたような虹色にも見えますが洗っても取れないということで ご相談を受けました。
お話を伺い色々とテストしてみると鉄分を含んだ水が付着しているようです。リヤガラスとナンバープレートに鉄粉除去剤をかけるとすぐに反応して紫色に変色(鉄成分に紫色に反応するのが鉄粉除去剤です)  しかし反応はしますが まったく汚れは取れません。さらに下の画像のホイルキャップも画像に向かって矢印から左半分,茶色く汚れているのが分かるでしょうか?(画像をクリックしてアップでご確認下さい)
DSCF4106.jpgDSCF4120.jpg
原因は何か? 付着しているものの確認と除去方法は決まりましたが,どこで付いたのか?職場の駐車場の融雪装置からかぶった水では?ということで除去したリヤガラスとリヤのナンバープレートの汚れ具合をしばらく見てもらったのですが,その後は大丈夫ということで 取り急ぎボディ全体をきれいにすることでお預かりいたしました。
ボデイに付着した不純物は極力早く落とすことが大切です!DSCF4112.jpgDSCF4128.jpg
ということで 付着した鉄成分の汚れを落とす前と後の画像ですDSCF4108.jpg DSCF4123.jpg
コーティングがかかっているからと
楽観しないで下さいねー!

今回のような鉄成分を含んだ地下水,鉄粉,木の樹液,ムシの付着,鳥の糞は付着に気がついたら
塗装内部まで浸透して取れなくなる可能性が高いので極力早く除去して下さい。

こちらのお車 TTクリアーコート施工から一年経過ということで 今回メンテナンスも一緒に施工させていただきました。一年分の汚れや付着物を取り除くコーティングメンテナンスは コーティング寿命を伸ばし,お車の綺麗さを更に維持します。

コーティングメンテナンス実施前 
DSCF4116.jpg
コーティングメンテナンス実施後
DSCF4131.jpg
どうせ汚れるから,寒いから…と洗車が疎かになる冬場, 
融雪剤,融雪装置の地下水,雪溶けドロ水等 お車の塗装を
傷める時期でもあります。
冬場も定期的な洗車が大切ですよ!

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)