3連休が終わりました…

2013/02/11

3連休も最終日 みなさんいかがお過ごしされたでしょうか? 雪のちらつく寒い一日となりました。積雪は5~10センチと北陸富山にしては大した量ではなく,やはり今年の冬は どちらかと言えば暖冬なのでしょうか?
さて 今日のご紹介は 新車から10年以上経過のヘッドッドライトのクリーニング&コーティングです。全体的に黄ばんだレンズ表面がどれだけ蘇るでしょうか?
DSC08474.jpg
クリーニング前の黄ばんだ状態から…
DSC08477.jpg
クリーニング後へ! レンズ表面の傷みであればこんな風に蘇らすことも可能です。
DSC08972.jpg
新品の状態に戻った といっても過言ではなく?勿論 レンズ表面の傷み具合によって蘇り方は変わますが 長年の傷み(汚れ,黄ばみ)を取り除くことが出来ました。 
DSC08979.jpg DSC08980.jpg
表面の傷みを取り除いたら,ヘツドライト専用のコーティング剤を塗り込みしっかり中赤外線ヒーターで乾燥, そして完成です。
DSC08990.jpgDSC08981.jpg
この車の色,前に見たような??と みがき工房高岡のブログをご愛読みなさんは すぐにお気づきかと…そうです,先月に 「新しいTTクリア検証」で使わせていただいたお車です。私めの知り合いのお車で色々な検証に試させていただきました。(勿論最後はきれいな状態でお返ししています)
ソリッドカラー独特の色あせた塗装状態 に対して TTクリアーのベースとなる ブラックカーボン,ホワイトシリカ,ファイナライズの3種類のTTクリアーを試しました。 使用するTTクリアー,その補充方法も使用する物,方法で仕上がり方が変わるというのは前回お伝えしましたが,
傷んだ塗装が コンパウンドを使用しないで ここまで蘇るというのは,塗装を削らないメンテナンス法が可能なTTクリアーならではです。
TTクリアーは傷んだ塗装を蘇らすこともできますが,基本は塗装の保護と艶の向上という点でも今までのコーティングに類を見ない商品です 
 
DSC08947.jpg DSC08949.jpg DSC08951.jpg DSC08957.jpg
最近のお車の塗装の膜厚は100ミクロン以下のお車も当たり前?  
そんな薄くなってきている塗装をコンパウンドを使いポリッシャーでガンガン磨くということは塗装の耐久性を下げるだけになります。
 

新車塗装環境にも十分対応できる新しいコーティングシステムとしてTTクリアーは自信を持ってお勧めできます。TTクリアーの進化と共に検証を重ね,マスタライズ工法とTTクリアー塗り込み技術を更に高めてみなさんのご来店をお待ちしております。

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)