よりよい仕上がり,商品造りを…

2013/07/15

ボディコーティングと一緒に!  ここ最近 「コーティング施工と同時に下廻りの防錆処理も..」という方が増えてきております。ディーラーさんや自動車修理工場さんでも 下廻りの防錆処理は扱っており,お値段も手ごろな価格となっていますが仕上がりは?? 「しっかり塗り込んでほしい」と当店を訪ねる方が増えてきているように思われます。長く大切にというオーナーさんのニーズにお応えするべく 商品の厳選し,塗り込み技術の向上を常に向上させるべく努力しております。
そんな今日の防錆処理実施車は 一昨日TTクリアー施工でご紹介の 新型ホンダ アコードハイブリッドです。今回は どんな作業になるのでしょうか? 
DSC06074.jpg
手間のかかる作業.. 正直 マスキングにかなりの時間を費やしています。 塗ってはいけない箇所の保護や隅々までキレイに塗り込むためには避けて通れない重要な作業なのです。
このお車の場合 下の画像のアンダーカバーを取り外しての作業となるので更に大変なんです。
DSC06071.jpg
マスカー(養生用ナイロン)で覆われた下廻りの中で… アンダーガードの塗り込み開始です。お車下廻りの白い素肌を黒い防錆剤で埋め尽くしていきます。
DSC06089.jpg
塗り込み前 
DSC06076.jpg
半分塗り込みました!
DSC06093.jpg
アンダーガード塗り込み,マスキングを外すと…
DSC06096.jpg
再度 塗り込み前
DSC06077.jpg
そして 塗り込み後
DSC06098.jpg
フェンダー内側(タイヤハウス内)もしっかり塗り込みます!
DSC06118.jpg
DSC06119.jpg
下廻り全体 塗り込み前
DSC06075.jpg
アンダーガード塗り込み後
DSC06100.jpg
アンダーカバーを全て装着して,3Sアンダーガードの完成です
DSC06112.jpg
DSC06110.jpg

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)