長らくのご無沙汰となりました…

2013/10/19


10年に一度の大きな勢力の台風と呼ばれた26号,各地で甚大な被害が出ていますが みなさんの所は大丈夫だったでしょうか? 温帯低気圧に変わった後も猛威を振るっているとのことです。更に 27号も発生と…今年は台風の当たり年のようです?
最近は 想定外とか,いまだかつて経験したことのないというような異常な言葉で表現される自然災害が多く 豪雨,竜巻,突風等の被害が身近なものになってきていますが自然の猛威,どうしようもありません…そんな災害にあわないように祈るばかりです。

さて本当に久々の書き込みとなりました。忙しさに追われて9日ぶり..こんなに長い書き込みなしは相当久しぶり? 病気でもしているんでは?というご心配の声もいただき..恐縮しております。至って元気なのですが 書き込む元気まで少々なかったわけで…
気合を入れ直して(A浜口さんを見習って?) 気合だー,気合だー  ということで今日のご紹介は?
94年式のお洒落なジャガー ソブリンの入庫,遠方からのご来店ありがとうございます。
DSC09754.jpg
DSC09743.jpg
「この年式のこの型がいい」 というようにオーナーさんそれぞれ想いを持って愛車を選んでおられるわけですが,前年の91年式ベンツSタイプに引き続き 今年はこのお車でご来店いただきました。
この年式でこの輝き…見事という一言につきます。今回もTTクリアコートを施工させていただきました。
DSC09765.jpg
DSC09767.jpg
施工前の塗装の傷みはかなり厳しいものがありました。画像に向かって左側が処置後,右が処置前 深いシミが全体に付いているのがお分かりになるでしょうか?
DSCF5668.jpg
更にアップでご覧いただくと….DSCF5667.jpg
DSC09379.jpg
限りある大切な新車からの塗装…単にコンパウンドを使いシングルポリッシャーで研磨,鏡面仕上がりにすればよいというものではありません。塗装をいかに薄くしない,削らずに仕上げるかが その後の塗装の耐久性と輝きの維持につながります。
それには 培われた知識,熟練した技術 更に塗装に最小限の負担で最高の輝きを造り出すマスタライズ工法を駆使し, 塗装の状態を十分に理解の上 慎重に作業を進めていくことが必要です。
DSCF5670.jpg
DSC09373.jpg
その結果 傷んだ塗装が
DSCF5656.jpg
再び蘇ります!
DSCF5711.jpg
DSCF5685.jpg

塗装の下地処理,TTクリアファィナライズベースコートから5層構造のTTクリアファィナライズコートへ! 各層の乾燥作業も大事な工程です。
DSCF5681.jpg
DSCF5692.jpg
DSC09552.jpg
TTクリアファイナライズ5層コートの完成です!
今回も大切になさっている愛車を当店に任せていただいてありがとうございます。正直 毎回かなりのプレッシャーを感じながら磨かせていただいております。オーナーさんのご期待に応えられるだろうか? いい仕上がりになるだろうか?こんなことを頭の中で考えながらお預かりする訳ですが…作業が始まると頭の中は真っ白,目の前の塗装だけに集中します。 今回もご期待に応えられたようでホッとしている反面,遠方からのご来店 本当に恐縮…と共に感謝しております。いつもありがとうございます…
DSC09498.jpg
DSCF5697.jpg
DSCF5694.jpg
DSCF5713.jpg
DSCF5708.jpg
DSCF5703.jpg

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)