朝の冷え方が厳しくなってきました...

2014/11/21

DSC04129.jpg
真っ黒な現像ミス写真? ではなく,深夜の星空が とてもキレイだったので写してみたのですが,単なるデジカメではこれが限界..(三ツ星で有名なリオン座を写してみたのですが?)はく息も白くなるくらい寒い夜でした。そして 翌朝... 
DSC04133.jpg
早朝は一面に白い霜が降りていたように家の窓からは見えましたが?見事にぬけるような青空..今朝の最低気温は高岡市で3.3℃(夜中 車に表示される温度計は2℃,外気温に注意という見慣れぬ表示が出てきました。 最低気温が0℃に近い一桁代になってきて,日中の最高気温も ここ一週間は12~13℃,それも一桁前後になるのが間近かと..厳しい北陸富山県の冬は 着実に近づいているようです?  

さて 今日のご紹介は前回 コーティングW施工のホンダ オデッゼイ,マツダ フレアーの下廻りの防錆処理,冬の融雪剤(塩カリ)による錆対策は これで万全です!  
いつものようにスクリーン?に覆われリフトアップされたお車の下廻りは? まずはホンダ オデッセイ! 
DSC03819.jpg
こんな風にマスキングが施されてあります...  
DSC03815.jpg
そして アンダーガードを塗り込み,乾燥後マスキングを外すと...  
DSC03850.jpg
マフラーやエアコンの配管はマスキングが施されていたので 黑く覆われた下廻りの中では浮かんで?みえます
... 

DSC03834.jpg
DSC03837.jpg
タイヤハウスの中もご覧のとおりです! (フロント)  
DSC03812.jpg
DSC03826.jpg
タイヤハウスの中もご覧のとおりです! (リヤ

DSC03811.jpg
DSC03824.jpg
次に マツダ フレアー! オプション追加でマフラーの耐熱防錆処理も一緒に施工しました。  DSC03906.jpg
マスキング前にマフラ専用の耐熱防錆剤を塗り込みます.. 
DSC03891.jpg
DSC03893.jpg
DSC03892.jpg
DSC03900.jpg
DSC03899.jpg
マフラ専用の耐熱防錆剤の乾燥後マスキングを施し.. 
DSC03903.jpg
下廻り全体にアンダーガードを塗り込み,乾燥後マスキングを外し細部のコート剤補充で完成です.. 
DSC03912.jpg
DSC03925.jpg
DSC03924.jpg
DSC03915.jpg
雪の降らない地域の方には 「なぜここまでするの?」と思われるのでは? 厳しい北陸富山の冬は 道路への融雪剤(塩カリ)のばらまき量が半端ではありません。高速道路や幹線主要道路に まかれた大量の塩カリが大切なお車を下廻りから錆で侵していくのです。 

更に雪国でも東北や北海道にはない道路への融雪装置(寒くなったら自動的に地下水が道路に噴出されます)中には鉄分を含んだ地下水,海水だったり...まさに北陸富山県の冬は 車を傷めるための条件があふれているのです。 

また 海沿いにお住まいの方は塩水,潮風...山沿いにお住まいの方は 想像を絶する融雪剤散布..雪山へのスキー,スノボーへお出かけの方のお車の状態も半端ではありません... だからこそ 下廻りの防錆処理を新車ご購入とともにされる方が増えてきているんですねー。一度施工すれば5~10年の効果の維持は可能です。勿論 しっかりとした施工が出来ていての効果持続です   

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)