雨の日曜日...

2015/09/27

9月最後の日曜日,シルバーウィークの連休などもあり 今日はゆっくりされている方が多いのではないでしょうか? あいにくの雨模様..晴れている時とは気分が違います。たまの雨はいいですが,やはり休みの日は晴れていてほしいですね。

さて いつもの月から見れば,ちょっとだけブログ書き込みが増えた今月ですが? まだまだ前のようにはいきません。少しづつペースを上げていきたいと思いますが,お客様とお話しするたびに ブログをよくご覧になっていて みがき工房高岡のことをよく知っていらっしゃるということを実感... 本当にありがたいことです...  

そんな今日のご紹介は 最近ご購入されたばかりのお車,新車から一年経過したばかりのお車ということでオーナーさんのお話では かなり状態が良いということでしたが.... 

意外と塗装が傷んでおります。 その原因は付着した深く細かいシミ.. 洗車等による拭きキズは致し方ありませんが,細かいシミ,それもかなり深いシミの付着が見られる場合 そのほとんどが 撥水効果による原因が...そんな塗装状態を少しでもキレイに見せて販売するために事前に磨く.. その磨き跡が全体にしっかり残っていて 特殊照明を照らしてみて初めて その状態を知ったオーナーさんは ほとんどショックを受けられます。

(磨きました!というのが一目でわかるポリッシャーによる磨き跡も照明の周りを中心に見られます...) 
DSC04532.jpg

そうなんです,塗装を傷めるのに一年どころか1~2か月あれば十分,傷むことが可能,その原因が撥水の強さも一因となっているという現実は なかなか知られていません。コーティングを施工することにより ワックスをかけなくてもよく艶もた待たれている,が よ~く見てみるとシミの付着がすごい... そして気づいたころは かなりダメージが深い... 特に黒などの濃色車は お気をつけ下さい。 コーティングはできるだけ新車のうちに施工 ということは塗装が傷まないうちに! ということなのです。 しかし 塗装をしっかり保護できるコーティングを選ばなければ意味はありません。   

オーナーさんが程度が良いと思っていた塗装状態を照明の下で見ると... 
DSC04466.jpg
塗装状態を知り がっかりされるオーナーさんがほとんどですが,ご安心下さい ここまで復活します!  
DSC04473.jpg

もう少しアップでご覧下さい,処理前は...   
DSC04467.jpg
そして 処理後です!   
DSC04472.jpg
目視に引き続いては膜厚計での塗装の膜厚チェック! 磨きすぎて傷みが著しいところがないか判断していきます... 
DSC04504.jpg
下地処理,塗装に最小限の負担で行う磨き工程,コーティング剤の塗り込みそして 中赤外線ヒーターによる乾燥工程へ... 
DSC04614.jpg
DSC04611.jpg
今回のコーティングは やはりこれ... オーナーさんのご予算を少々オーバー,ですが最終的にこの商品を選んでいただきました。 
DSC04604.jpg
DSC04620.jpg
セラミックプロ9Hの完成です! 塗装の傷みを取り除く やはり202の黒,いい輝きとなりました... 
DSC04624.jpg
DSC04623.jpg
DSC04622.jpg
今回の施工,また差し入れと本当にありがとうございました! 
DSC04625.jpg

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)