ひとつ お手入れを間違えると…

2015/10/19

新車をご購入,そしてコーティングの施工… 当然お手入れも楽になりキレイさを保てるはずなのですが,時折こんな状態になって(して)しまうお車が見受けられます?

洗車しても取れない強力なシミの付着.. 
DSC06097.jpg
ボンネット全体を見てみると…
DSC06102.jpg
通常は 水分の残るボンネットやルーフ,トランク等の上部におおきなシミが残るのは自然的な付き方..しかし 今回のシミは 上部だけではなく,ドアやドアを開けた内側にまで付着しています。こんな細かい強力なシミがボディ全体,窓ガラス,バイザー等お車全体に付着する..大抵の場合 撥水シャンプーの使用や撥水剤の入ったメンテナンス剤使用,洗車機のワックス,コート剤をかけてしまった,手洗い洗車後 撥水コート剤をかけてしまった等 他の撥水剤使用が原因として考えられます。特にドア内やトランクの内側等までシミが付着の場合は その疑いが高いです。

せっかくコーティングしたのに シミが付着,単に汚れるだけではなく 塗装が傷むことになります、コーティング施工したお車に 別の撥水剤をかけることは,コーティングの保護効果が望めなくなり,逆にシミや汚れが付着してしまうということになります。今回のような細かい強力なシミが付着した場合,洗車やクリーナーを使用するだけではシミは取れないので要注意です。

ドアノブの周りにも細かく強力なシミが付着…
DSC06119.jpg
シミを除去処理!
DSC06120.jpg
ドアの内側にもギッシリ付着しています…
DSC06113.jpg
シミを取り除きました..
DSC06116.jpg
ボディ,窓ガラス,バイザー等 全体のシミを取り除いてやると 一年前の新車の輝きに戻りました!
DSC06137.jpg
DSC06138.jpg
シミの付着を簡単に考えないで下さいね,塗装の奥深くまで浸透する場合もあり 塗装はデコボコになり,傷んでしまいます。細かいシミは特に要注意です。せっかく施工したコーティング,正しいお手入れでキレイさを維持して下さいね。  
DSC06142.jpg
シミを除去してスッキリしたお車のく周りには 少しカラフルなカラーのお車が揃いました,コーティングの施工でお預かりのお車たちです…
DSC06133.jpg
DSC06135.jpg
DSC06134.jpg

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)