冬の汚れ, ご注意ください…

2016/01/16

今年3回目の週末がやってきました。昨日から2016東京オートサロンが始まっております。D-PROもブースを出しており,行きたかったのですが別の予定があり今年も断念.. 2017年こそと 早来年のお話し..(鬼が笑う??) 

2016年,みがき工房高岡も ぼちぼちエンジンがかかってきました。前にも書いたように1月は どちらかというと閑散期? 昨年の振り返りや新しい年の計画,企画等々慣れぬデスクワークをやる日々が多いのですが,早くも3月に向けてのお問い合わせ,ご予約が増えてきました。北陸富山県は雪が多いせいか(今年は ほとんど降っておりませんが..) 春に向けて お車をご購入,また お手入れも暖かくなる春に向けて ということで3~4月にお仕事が集中してしまいます。早ければ2月早々から 春の商戦スタートとなります。今年は どんな春になるのでしょうか? 

さて 今日は北陸富山県の厳しい冬のお車の汚れについて ご紹介したいと思います。下の画像のお車,コーティング施工車ですが水をかけても ほぼ親水状態?水の切れた所が白くなっているのは塩カリ等 冬の北陸道を走行した証です?
DSC09759.jpg
DSC09758.jpg
撥水タイプのコーティングがかかっているのに,ほぼ親水状態 水はベターっと流れています。そんな状態を当店お勧めの洗車用洗剤で洗ってみると?  
DSC09760.jpg
半分だけ洗ってみると,左半分は撥水が復活です。右半分の親水状態と両極です…
DSC09764.jpg
水が ほぼ切れた状態でボンネットの状態を見ると 左半分に比べ右半分は白くなっているのが お分かりになるでしょうか? これが撥水しなくなった原因,北陸富山県の冬の汚れなのです。 
DSC09763.jpg
コーティング施工車ですから,こんな汚れも洗うだけで簡単に取れてしまいます。が,洗わず放置していると汚れの付着がひどくなっていくので洗車することは不可欠なこととなります。「冬場は 寒いから..洗ってもすぐ汚れるから」と洗車が疎かになりやすい季節でもあります。こんな大変な汚れだからこそ定期的な洗車が必要となるんですねー,鉄粉の付着が多いのも要注意です。  
右半分も洗ってしまいます..
DSC09772.jpg
ただ水洗いするよりも,色々な汚れを取り除いてくれる 当店お勧めの洗剤で洗う方が確実に汚れを落とせます。水をかけ洗剤を流すと..
DSC09773.jpg
ベターっと親水状態だったボンネットに輝きと水弾きが戻ってきました!
DSC09777.jpg
どんなに良いコーティングが施工してあっても過信してはいけません。コーティングは塗装を保護してくれる能力が高いのですが,特に汚れる条件の悪い冬から春にかけては 塩カリ,鉄粉,黄砂,花粉,酸性雨(雪)といった北陸富山県特有の冬の汚れに対し,汚れたら洗う..定期的に洗うということが お車をキレイにする秘訣となるのは言うまでもないです。 このお車も入庫時とは 行ってくるほど?の違いのお車となりました…
DSC09784.jpg
DSC09782.jpg
DSC09781.jpg

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)