今日から2月!

2016/02/01

この冬最強寒波来襲とともにご来店いただいた もう1台のお車,こちらは ボディのコーティング&下回りの防錆処理施工etcということで1週間のお預かりとなりました。今回積もった雪も,ここ数日間で嘘のように少なくなりホッとしています。新車でご購入から1年弱経過のお車ですが,来店された誰からも完成したお車は「新車ですか?」という声々,多分 新車以上の綺麗さだと言っても過言ではないかと?  
DSC00468.jpg
施工前の塗装状態チェック! こういうツートンカラーになっている塗装は ルーフとボンネットの塗装の膜厚が違うのが普通? 新車から1年未満のお車ですから ある程度きれいではあるのですが,やはり春夏秋冬 1年分の傷みも見られます。コーティングは極力,塗装にダメージを受ける前の新車時の施工が望まれますね
DSC00311.jpg

特にルーフ,ボンネット,トランク部分に要注意です。鳥の糞や木の樹液が付着した場合,塗装の奥まで浸透して磨いても取り除くことが出来なくなったりします
DSC00370.jpg
DSC00374.jpg
新車時からの塗装肌調整,一年分の傷み等も含めての下地処理(磨き)作業となります。あくまでも塗装に最小限の負担(極力削らず)で仕上ていきます 
DSC00358.jpg
ボンヤリ映っていた照明も クッキリきれいに映ります…
DSC00378.jpg
DSC00384.jpg
塗装状態をしっかり診断し,治療(磨きを)する… 塗装状態が見える環境も大切ですが,最後は磨くポリッシャー,バフ,コンパウンドのチョイスをどうするか? それをしっかり見極めることも技術(常に悩んでいます? 塗装は活きもの..)
DSC00400.jpg
DSC00403.jpg
DSC00337.jpg
DSC00411.jpg
下地処理(磨き)の終えた塗装は現時点のベストな状態を目指して仕上げています。整った塗装を保護するコート剤は 今年もこの商品が活躍してくれそうです。  
DSC00428.jpg
9HとLightの二つのコーティングで成り立つセラミックプロ9H! 9Hはご希望に応じて何層にも重ねることが出来 重ねるほど艶が深まり強固な保護力を得られます
DSC00442.jpg
DSC00439.jpg
DSC00438.jpg
DSC00485.jpg
DSC00484.jpg
DSC00483.jpg
DSC00482.jpg
DSC00476.jpg
DSC00457.jpg
DSC00456.jpg
DSC00453.jpg
DSC00460.jpg
セラミックプロ9Hの完成です! 普通のガラスコーティングとは比べ物にならない技術と手間を要しますが,輝き 保護力も その苦労に応えてくれる商品です。一昨年8月導入から 施工していただいたお車も かなりの台数になり,その後の経過を見ても期待通りの性能を発揮してくれています。2016年 更に施工技術を高めてご提供させていただきますので興味のある方は 気軽にお問い合わせ下さいねー!

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)