9月最終日です…

2016/09/30

気持ちよく流れる水... あなたの愛車は気持ちよく弾いていますか?弾いているけど乾いたらシミがいっぱい...よいコーティングは水を弾くとともに汚れも弾いています。シミの付着など問題外! 悪いコーティングは 水を弾きますが,汚れを弾きません。そしてシミを沢山ボティに付けてしまいます。その差は何なんでしょうか? 難しいことではありません。それがコーティングの性能,能力の差であり 施工後のお手入れの楽さや汚れ方の違いにつながるのです。
 
 
DSC05420.jpg
DSC05412.jpg
DSC05411.jpg
DSC05405.jpg
ご購入されたばかりの愛車,ボディのコーティングと下回りの防錆処理でお預かりです。

DSC05509.jpg
DSC05511.jpg
DSC05504.jpg
DSC05484.jpg
DSC05486.jpg
DSC05485.jpg

塗装の状態に応じての下地処理の実施…ベストな状態になったこのお車に施工するのは やはりこのコーティングを選んでいただきました。
DSC05532.jpg
DSC05517.jpg
DSC05515.jpg
DSC05514.jpg
スズキ スイフトスポーツへのセラミックプロ9H施工完成です。新車? いえそれ以上といっても過言ではない輝きかと..
DSC05537.jpg
DSC05541.jpg
DSC05543.jpg
そして下回りの防錆処理3Sアンダーガードです。

DSC05414.jpg
DSC05418.jpg
しっかり塗り込むためには しっかりとしたマスキング,下準備が不可欠となります。 
DSC05409.jpg
DSC05415.jpgDSC05421.jpg
水のたまる鉄板の隙間を塗らない.. 短時間,低料金で行われる防錆処理は 名ばかりの防錆処理となってしまいます。北陸富山の厳しい冬を絶えるには 隅々までしっかり施す施工技術,手間が必要となります。

DSC05412.jpg
DSC05419.jpg
DSC05425.jpg
DSC05422.jpg
DSC05445.jpg
DSC05444.jpg
DSC05441.jpg
ボディには セラミックプロ9H,下回りには3Sアンダーガード防錆処理施工! 今回の施工ありがとうございました。 

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)