磨き

雨の日曜日...

2015/09/27

9月最後の日曜日,シルバーウィークの連休などもあり 今日はゆっくりされている方が多いのではないでしょうか? あいにくの雨模様..晴れている時とは気分が違います。たまの雨はいいですが,やはり休みの日は晴れていてほしいですね。

さて いつもの月から見れば,ちょっとだけブログ書き込みが増えた今月ですが? まだまだ前のようにはいきません。少しづつペースを上げていきたいと思いますが,お客様とお話しするたびに ブログをよくご覧になっていて みがき工房高岡のことをよく知っていらっしゃるということを実感... 本当にありがたいことです...  

そんな今日のご紹介は 最近ご購入されたばかりのお車,新車から一年経過したばかりのお車ということでオーナーさんのお話では かなり状態が良いということでしたが.... 

意外と塗装が傷んでおります。 その原因は付着した深く細かいシミ.. 洗車等による拭きキズは致し方ありませんが,細かいシミ,それもかなり深いシミの付着が見られる場合 そのほとんどが 撥水効果による原因が...そんな塗装状態を少しでもキレイに見せて販売するために事前に磨く.. その磨き跡が全体にしっかり残っていて 特殊照明を照らしてみて初めて その状態を知ったオーナーさんは ほとんどショックを受けられます。

(磨きました!というのが一目でわかるポリッシャーによる磨き跡も照明の周りを中心に見られます...) 
DSC04532.jpg

そうなんです,塗装を傷めるのに一年どころか1~2か月あれば十分,傷むことが可能,その原因が撥水の強さも一因となっているという現実は なかなか知られていません。コーティングを施工することにより ワックスをかけなくてもよく艶もた待たれている,が よ~く見てみるとシミの付着がすごい... そして気づいたころは かなりダメージが深い... 特に黒などの濃色車は お気をつけ下さい。 コーティングはできるだけ新車のうちに施工 ということは塗装が傷まないうちに! ということなのです。 しかし 塗装をしっかり保護できるコーティングを選ばなければ意味はありません。   

オーナーさんが程度が良いと思っていた塗装状態を照明の下で見ると... 
DSC04466.jpg
塗装状態を知り がっかりされるオーナーさんがほとんどですが,ご安心下さい ここまで復活します!  
DSC04473.jpg

もう少しアップでご覧下さい,処理前は...   
DSC04467.jpg
そして 処理後です!   
DSC04472.jpg
目視に引き続いては膜厚計での塗装の膜厚チェック! 磨きすぎて傷みが著しいところがないか判断していきます... 
DSC04504.jpg
下地処理,塗装に最小限の負担で行う磨き工程,コーティング剤の塗り込みそして 中赤外線ヒーターによる乾燥工程へ... 
DSC04614.jpg
DSC04611.jpg
今回のコーティングは やはりこれ... オーナーさんのご予算を少々オーバー,ですが最終的にこの商品を選んでいただきました。 
DSC04604.jpg
DSC04620.jpg
セラミックプロ9Hの完成です! 塗装の傷みを取り除く やはり202の黒,いい輝きとなりました... 
DSC04624.jpg
DSC04623.jpg
DSC04622.jpg
今回の施工,また差し入れと本当にありがとうございました! 
DSC04625.jpg

こんな季節になりました…

2014/06/05

DSC03371
連日の夏日…富山県も毎日 暑い日が続いております。更には本日6月5日 関東甲信,北陸が梅雨入り! ここ数日,北海道で35℃以上の気温となり..昨日は 四国,九州で大雨..やはり異常気象でしょうか? そんな暑苦しい夜に涼しげな光景も…自宅前の用水に蛍が乱舞しております…
DSC03396.jpg
DSC03394.jpg
DSC03391.jpg
なんとも 幻想的な光です。 蛍はきれいな水辺にしか集まりません。周りは田んぼに囲まれた田舎の自宅前ですが,こんな光景が見られるのも幸せですね… 最初の画像は??という感じだったかと思われますが..蛍が乱舞しているというイメージで下の画像を再度ご覧下さい。画像中央に用水があり,小さな明かりが点々と…実物は本当にきれいですよー…
DSC03374.jpg
さて またまた一週間のご無沙汰… カレンダーも5月から6月に変わってしまいました。そして一気に梅雨入り.. エルニーニョ現象の年は梅雨明けも遅いとか? ただでさえ少ない北陸の夏,今年は どんな夏になるのでしょうか?
みがき工房高岡の工房内は 相変わらずポリッシャーがまわり続けて?おります。
DSC03237.jpg
DSC03217.jpg
DSC03218.jpg
DSC03219.jpg
いつもの銀河系状態の塗装を?

DSC03221.jpg
こんな風に磨き上げております…
DSC03225.jpg
黒いお車を磨くのは大変なのですが…
DSC03267.jpg
DSC03268.jpg
オーナーさんの喜ぶお顔見たさに頑張っております。今日もいい仕上がりです…

DSC03234.jpg
DSC03233.jpg

OPENから2年が経ちました…

2013/10/26


10月最後の週末 土曜日,W台風の被害も富山県は ほぼなかったようで..午後からは太陽も顔を出す穏やかな日になりました。
さて みがき工房高岡としてOPENして この10月で丸二年が経ちました。あっという間の2年間で 沢山のお車を磨かせていただき感謝,感謝の一言です。みなさんに提供している商品も大分定着してきましたが,まだまだ進化していっております。技術を磨くことは永遠のテーマ…そのためには常に情報収集を怠らずに常に敏感でいたいと思います。

みがき工房の名の通り 毎日磨いております。最近は黒などの濃色が多いので塗装の傷みがよく見えます。
migakikoubou001 (33).jpg
傷んだ塗装を磨く…最近の塗装の膜厚は かなり薄くなってきています。一昔前の塗装から見ると半分くらいの膜厚になっている車種もあります。だから 単にコンパウンドを使ってポリッシャーで磨けばよいというものではありません。極力 塗装の負担を少なくする…そんな技術が必要となってきています。
migakikoubou001 (39).jpg
塗装に最小限の負担で磨く と言うのは簡単ですが,使用するポリッシャー,コンパウンドを含め 技術と知識がものをいいます。 キズ,シミ等を取り除いた塗装は 新車の輝きに蘇ります。
migakikoubou001 (46).jpg
こんな磨きも… 大切にしている愛車にコインなどでのイタズラキズをつけられた… お車を大切にしているみなさんには理解できない行動,許しがたいことなのですが,時折 そんな被害にあったという声を聞きます。 そんな行為にあうお車は 残念ながらきれいしているお車なので本当に困ったものです。
今回のお車も前後二枚のドアにその行為を受けてしまいました…黄色の矢印の先端にドアの端から端まで線キズを付けられてしまっています。
migakikoubou001 (12).jpg
そんなイタズラ(イタズラという言葉では済まされない行為なのですが) にあった塗装,キズの深さにもよりますが ある程度修正することが出来る場合もあります。
migakikoubou001 (15).jpg
リヤドアは更に深い線キズ…フロントドアよりも更に画像上でも確認できる線キズ,どうしたら こんなことが出来るのか悲しさと怒りがこみ上げてきます…
migakikoubou001 (10).jpg
キズの処理後です。ほぼ肉眼でわからないレベルになっています。こういう風な線キズを付けられた場合,基本的には磨いて処理するのですが,キズを本当に消す場合 そのキズの深さまで塗装を削らなければキズを取り除くことはできません。かと言ってキズの深さまで磨くと最悪の場合クリアを全部剥がしてしまう場合もあるので安易に研磨することは危険です。
migakikoubou001 (24).jpg
磨くという行為はお車をきれいにすることなのですが,時には こんなトラブル,キズの処理を施したりもします。お車を磨き,コーティングで保護,維持する…愛車を常にキレイに保ちたいというみなさんを みがき工房高岡は 最高の技術,商品を用意して お手伝いさせていただきます。愛車をきれいにしたいという方は 気軽にご相談下さいねー!

寒~い一日となりました…

2013/01/18

終末から日曜日にかけて雪が続きそうです? また寒波が来ているのでしょうか,先日のように一晩で40~50㎝も降るのは勘弁してほしいものです…そんな雪のちらつく寒い日になりましたが,みがき工房高岡の工房内は 熱いみがき作業が続いています。
黒い塗装を磨く…最近は黒などの濃色車が多く,みがき作業に悩んでいる業者さんが多いとか? なぜ悩むかというと? 黒い塗装は磨いた状態が はっきりわかるんです,だから しっかりした技術を持っていないとみがきキズなどが目立ってしまうんです。 目立つか目立たないかの問題で基本的には,黒い塗装も白い塗装もおなじことなんですけどね!

そんな黒い塗装を苦も無く磨く ただ磨くのではなく,塗装の負担を最小限に抑え 最大限の輝きを生み出す マスタライズ工法に積み重ねた経験がプラスされ 究極の輝きを作り出していきます。
DSC08386.jpg
DSC08392.jpg
今回入庫のこのお車,新車ご購入から約半年しか経過していないのですが,ボンネットをよ~く見てみると?? (画像でもわかる水銀灯のまわりのキズ…)
磨く前

DSC08371.jpg
磨いた後
DSC08398.jpg
更にアップで見た磨き前DSC08365.jpg
アップで見た磨き後DSC08402.jpg DSC08395.jpg
確かな技術で磨くとご覧のような仕上がりになります。
コーティングは下地処理(磨き)が命!  
ということで 
この続きはまた次回へ…

お願いですから大雪にならないように….

みなさん よい週末をお過ごしくださいねー!

今朝は寒かったです…

2013/01/05

超~寒かった今朝…氷点下何度まで下がったのでしょうか? 色々な幻想的景色が見られました。
DSC07972.jpg DSC07975.jpg DSC07978.jpg DSC07989.jpg
そんな幻想的な朝を迎えた今日は 気持ちの良い晴れ間の見られる一日となりました。
DSC08006.jpg
そして今日のご紹介は?
DSC08011.jpg
赤いお車のミラー,白く色あせてしまっています…なぜ こうなるのか? 大抵 ソリッドカラーの塗装でクリアーがかかっていない場合 紫外線で段々と塗装が傷み色あせてしまうのです。(退色といういい方もします)
DSC08013.jpg
色あせ(退色)した塗装を蘇らせる…単にコンパウンドで磨けばよいというものでもありません。塗装の負担を最小限に抑えなければ,蘇った色は あっという間に元に戻ってしまいます。
DSC08015.jpg
塗装し直したの?と思いたくなるような 鮮やかな色に蘇りました。
この状態を維持するには ワックスや樹脂のコーティング剤では ほぼ不可能です。紫外線に強いガラスコーティング剤を選択する必要があるんですねー。一時的に蘇っても1~2ケ月で元に戻ってしまうような処置は塗装の耐久性を弱めるだけで何度やっても無駄になりますので要注意なのです。負担なく磨く,そして蘇った輝きを維持する…今年も更に マスタライズ工法は進化していきます。

超~ご無沙汰いたしました…

2012/10/07

 みなさん お久しぶりです! ブログの書き込みに8日間の秋季休暇?をいただいてしまいました….カレンダーも9月から10月へと変わってしまい..こんなにブログを書き込めなかったのもかなりの久しぶり? ご愛読の皆様にはホント申し訳ない限りです。どんなに忙しくても書き込みすることは出来る限り続けているのですが,今回いろいろとありまして? こんな長期的なお休みにしてしまいました..休養?十分ということで またご紹介させていただきますので宜しくお願い致します。
久々のご紹介のお車は,まず洗車からということで?
新車から約7ヶ月経過ですが 黒い塗装は敏感肌? ソフトにゆっくり洗っていきます

洗い終わると黒いピカピカのお車に! かと思えば水銀灯の周りに怪しい影が…

ドーンとアップしてみると…新車のピカピカであるはずの塗装がこんなに傷んでいます…

そんな傷んだ塗装を綺麗にする…それも塗装に最小限の負担で…そんなことを可能にするのがマスタライズ工法です 
傷みを取り除くと? キズも曇りもない綺麗な新車の塗装に生まれ変わります


こんな塗装の傷んだ状態から…
水銀灯もクッキリ映るキレイな塗装状態に蘇るんです
塗装状態をよりキレイな状態に仕上げる…そんな技術があってこそのコーティング専門店のみがき工房高岡です。常に綺麗なお車に仕上げるため日々の努力を怠りません….

難作業です?

2012/09/16

 3連休?みなさんいかがお過ごしでしょうか? 世間一般は3連休でお休みですが,サービス業を中心にお仕事の方も沢山いらっしゃるかと思われます。そんなみなさんは お疲れ様です,お仕事頑張って下さい。そうでない方は ゆっくりお休み下さいねー! そういう みがき工房高岡もこの3連休は ずっと営業いたしております (  注.今月から 毎週火曜日が完全定休日となりました ) ので 気軽にお立ち寄り下さいねー! 
さて 今日のご紹介は ちょっと困難な作業? そうです,大切な愛車に大量の塗料が付着…これを除去するのは中々 大変なお仕事となるんですねー…
黒い塗装に点々と付着した赤い塗装..これは除去前の画像です,
バンパーの下部分がひどいです


そして 除去後の画像です。
 
ヘッドライトにも点々と… ペンキの除去と一緒にライト表面の傷みも取り除きました。

ボンネット,フロントバンパー,ドアミラー,ヘッドライト,フロントピラー,ルーフ前部を中心に付着したペンキミスト除去作業,ペンキミストを落とすと共にボディも磨いて お車は生まれ変わりました。お車の塗装への色んなトラブル,気軽にご相談下さいねー!

大切な愛車を蘇らせたい….

2012/09/10

先にホイルコートを施工させていただいたこのお車..いよいよボディへと進みます。新車から5年経過ということでお肌(塗装)状態はどうでしょうか? 黒いお車は遠目で見ると黒々としてきれいに見えるのですが? 近くで見てみると??

遠目できれいに見えても実際にはシミや小傷に塗装の傷みは かなり深刻です。そんな塗装の傷みは想定内,どれだけ蘇らせるかが 私たちの腕の見せどころですが….

それでは塗装の傷みが どう変わるのかご覧下さい。 いつものように画像の黄色い矢印に向かって右が処理前,左が傷み除去の処理後…塗装の負担を最小限に抑えたマスターライズ工法&培った技術で こんな風に蘇らせていきます(その前の塗装の膜厚チェックもしっかりと…)

処理前

処理後
処理前

処理後

こんなに塗装の傷んだ状態を強調?したら オーナーさんに嫌がられるかも?知れませんが,まず現状を知っていただき,それがどう変わるか? そして生まれ変わった愛車の今後のお手入れ方法までご提案させていただきます!
そして 塗装の傷みを取り除いた全体像が これです! 更に黒さが増して深~い艶,輝きへと…


塗装の肌調整が終わると一度スッキリと洗車してしまいます。いよいよコーティングの塗り込みですが,続きは明日へ!

今日は七夕です!

2012/07/07

一年に一度しか会えない織姫と彦星…なんとも切なくロマンチックな物語の七夕,天気が悪ければその年に一度の再会も流れてしまう…今日は晴れてほしいと純粋に思った子供の頃が懐かしいですね?(最近の子供さんは そんなことを信じないのでしょうか??)
さて 今月の空を象徴するような曇りに覆われているのが今入庫中のこのお車のボディ…こちらの曇りも中々のものです。というよりもシミの付着がひどいようです。「洗っても何をしても取れない」そんなオーナさんのお悩みを解消できるでしょうか?

ただコンパウンドを使ってポリッシャーで磨く…コーティング専門店から,板金塗装店,カーショップ,ガソリンスタンド等至る所でこの作業が行われておりますが,ただ磨けばよいというものではありません。塗装の負担をどれだけ抑えて綺麗に仕上げるか?そんな仕上がりには技術が伴います。
いつものように塗装の負担を最小限に抑え,最高の輝きを蘇らすマスターライズ工法&オリジナル工法…新しいポリッシャーもその能力を発揮し始め,更なる仕上がりの良さが追及できそうです!

ボンネット半分の見らべですが,見事に蘇ってきましたよー!

綺麗に蘇った塗装…二度とこんな状態にならないように今回は D-PRO type FDガラスコーティングを施工させていただきました。

そうそう 足元も一緒に蘇らしてしまいましょう,ということでアルミホイールのホイルコートも一緒に施工させていただきました。

アルミホイール本体は勿論ですが,センターキャップやメッキナットも一緒に綺麗に致します。

大切な愛車をもう一度蘇らせたい…そんなニーズのオーナーさんのお問い合わせを沢山いただいています。今回のオーナーさんも「ここまでになるとは思っていなかった」とオーナーさんの期待以上の仕上がりにご満足いただけたようです。勿論 お車の塗装の傷み具合によりますのですべてが蘇るというわけにはいきません。塗装に入り込んだ深~いシミや下地まで達しているキズはどうしようもない場合が多いです。
やはり 出来るだけ塗装の状態がいい時にコーティングを施工することがお勧めとなります。

雨の一日でした…

2012/05/15

通勤途中 あちらこちらで赤や白のツツジが咲いています。桜,チューリップと春の花が順番に綺麗な姿を魅せてくれ,そしてツツジから紫陽花と季節とともに移り変わっていくんですねー…今日の雨を見ていて早くも紫陽花と梅雨を連想してしまいました。季節を花で感じられるのもまたいいものですねー!
さて 今日のご紹介は 最近本当に多い車の色の黒..この磨きについてです。黒などの濃色車は遠目には綺麗なのですが近くで見ると見事にキズやシミの嵐? このお車もこんなに変わります!
照明を境に画像に向かって右側が磨く前,磨いた左側との違い…凄いです。新車から3年経過,新車時にコーティングを掛けているのでシミなどの塗装の傷みは少なかったのですが,線キズや塗装のクスミは黒いお車の宿命です… 

塗装の負担を最小限に抑え尚且つ最高の輝きを映し出す…口で言うのは簡単なのですが,やはり技術,知識,経験が物を言うようです。磨き上がったボディは いつもの黒い鏡! 新車に蘇ったといっても過言ではありません。

昔は 高級乗用車のみが黒だったような気が?しますが,最近は軽からRVまで…濃色車の流行りはいつまで続くのでしょうか??