2013年9月

朝焼け?夕焼けから一週間…

2013/09/30


すっかり秋です。北の方から紅葉前線が下りてきている様子?そんな9月も今日で終わります。なんと一週間のご無沙汰をしてしまいました。いつもブログを見に来ていただいているみなさまには 本当に申し訳ないです。 慌ただしく,そして充実した毎日を過ごさせていただいておりますがブログの書き込みまで力及ばず…仕切り直して また頑張ります。ご紹介したいお車がたくさんあり,どれから紹介させていただくか悩んでおりますが 今日はまず このお車から!
DSC08673.jpg
DSC08667.jpg
最近 ご購入されたばかり というこのお車,白く輝いているようですが 実は経年の汚れや傷みが…白い塗装なので画像に映し出すのが難しいのですが,特殊照明のまわりに映る丸いキズの群..お分かりになるでしょうか?
DSC08619.jpg
画像に向かって左半分が傷みを処理した状態です。
DSC08632.jpg
全体の傷みの処理が終わると キズはなくなり,照明の映り方もクッキリと変わります。
DSC08630.jpg
塗装に最小限の負担で最大限の輝きを造り出す マスタライズ工法を駆使しての下地処理です。
DSC08639.jpg
塗装の下地処理をきちんと出来るか? それが お車の輝きにも直結,一番時間をかける工程でもあります。
DSC08637.jpg
下地処理からTTクリアファィナライズのベースコート塗りこみ,そして5層構造で仕上げるTTクリアファィナライズコート,塗装の映りが,輝き艶がしっとりとしたものに生まれ変わります。
DSC08717.jpg
DSC08715.jpg
DSC08751.jpg
5層構造の各工程でも乾燥は大切なポイントとなります。時間をおくことと中赤外線ヒーターによる乾燥でジックリ仕上げていきます。
DSC08735.jpg
DSC08730.jpg
ベンツSクラスへのTTクリアファイナライズ5層コートの完成です! 下廻りの防錆処理3Sアンダーガード,アルミホイールのホイルコート,窓ガラスへの全面撥水コートとフルラインナップで仕上げさせていただきました。ご紹介が遅くなりました,今回の施工ありがとうございました
DSC08762.jpg
DSC08764.jpg
DSC08756.jpg
DSC08747.jpg

朝焼け?夕焼け?

2013/09/23

 三連休 いかがお過ごしされたでしょうか? お休みの方もいれば お仕事の方もいらっしゃるかと思いますが…(もちろん?みがき工房高岡は お仕事三昧です) 今日も秋らしい いい一日でした。
さて 上の画像は 昨日のものなのですが 朝焼けでしょうか? それとも夕焼けでしょうか? バックに薄ら映る山は立山連邦です。 そうです昨日の朝に見られた朝焼けが正解でした。朝からこんな景色がみられるということは 何か得した気分? そんな気持ちで一日過ごせるといいですねー…
さて 今日のご紹介は?
塗装の厚さを測定する膜厚計…みがき工房高岡のブログではおなじみの器具ですが測定値がゼロ? お車のボディは基本的には鉄です。が 軽量化を図るために部分的にアルミをボディにしているお車も多いんですね。 このお車のボンネットはアルミなので通常モードでは計れなかったんです。(ゼロの表示の左側にFeとありますが鉄を表示しているんですね) 
DSC08607.jpg
それではということで この優れものの膜厚計は NFe(鉄以外)という機能でアルミボディの測定も可能なんです。
DSC08608.jpg
塗装の膜厚を計る必要性は? どのくらいの膜厚があるか?ボディ全体を計り そのお車の塗装状態を知るということが大切です。勿論 肉眼での塗装の傷み具合など状態確認も行います。膜厚を計って面白いの?は 磨きすぎて塗装が薄くなっているお車があったり,逆に板金塗装をしてあることが数値でわかるんですねー。
DSC08621.jpg
通常 塗装の膜厚は20ミクロン程度の誤差はありますが ほぼ均等な膜厚を示します。上の画像のように倍前後の数値を示す時は 再塗装しているということなんです。塗装を正しく磨くために塗装を知る…これはでは大切なことなんですよ。
そんな訳?で 今日は磨きに使用している器具,塗装の膜厚計のご紹介でした。

食欲,スポーツ,読書etc…何の秋ですか?

2013/09/21


9月も20日を過ぎてしまいました。今年は異常気象のせいで豪雨や突風,竜巻被害等もあり 何より夏の終わりから雨の日が続いたので 暑かった今年の夏の猛暑を忘れかかっているのは私めだけでしょうか? とにかく一気に秋の過ごしやすい気候に変わり お仕事もはかどります。ということで
 みがき工房高岡の秋は 感謝,感謝のお仕事の秋
です…
いきなりの外したカバーの山… 下廻りの防錆処理 3Sアンダーガード増量コースのお車の作業開始です!
DSC08511.jpg
ほとんどがカバーで覆われているこのお車..
タイヤハウスの中はカバーを外すとご覧の状態です。
DSC08514.jpg
錆の有無を確認後マスキング..DSC08556.jpg
アンダーガードを塗りこみます..DSC08577.jpg
アンダーガードの乾燥後 カバーを元に戻して完成!DSC08588.jpg
下廻りのアンダーカバーを外した状態..DSC08518.jpg
マスキング..
DSC08563.jpg
そしてアンダーガード塗りこみ..
DSC08583.jpg
アンダーカバーを外した状態の下廻り全体像..DSC08517.jpg
マスキングからアンダーガードの塗りこみ..
DSC08575.jpg
アンダーガード乾燥後,カバー類を取り付けて完成!
という風にアンダーカバーを外してのアンダーガード施工で錆防止プラス遮音効果も期待できます。
DSC08589.jpg
DSC08592.jpg
下廻りの防錆処理3Sアンダーガード完成です。 いよいよボディのコーティングへと進みます。アルミホイールのホイルコートと共に次回のご紹介をお楽しみに!

続きます??

2013/09/20


今日もいい天気でした。 やっと秋らしい気候になってきて夜のグッスリ眠れること,最近は かなり熟睡させていただいております。そして いい天気が続きます, お仕事の方はボディコーティング,下廻りの防錆処理が続いておりまして..更には ホンダN ONEの入庫も続きました。なんでも続く時は続いてしまうものなんですねー?
昨日はTTクリアファイナライズ5層コート施工のN ONEをご紹介いたしましたが,今日は下廻りの防錆処理3Sアンダーガード施工のN ONEのご紹介となります。
DSC08424.jpg
意外とスッキリとした下廻り,アンダーカバー類が少ないため ほとんど鉄板が露出した状態です。そんな下廻りを北陸特有の冬の融雪剤などによる錆から守る… そのためには厚く,ムラなくアンダーガード剤を塗り込まなければなりません。
塗った状態をアップで見ると こんな感じです…
DSC08427.jpg
DSC08425.jpg
見事な黒の下廻りに変わりました!
DSC08438.jpg
更に フロントタイヤハウスの塗り込み前
DSC08417.jpg
フロントタイヤハウスの塗り込み後
DSC08432.jpg
DSC08443.jpg
そして リヤタイヤハウス塗り込み前
DSC08415.jpg
リヤタイヤハウス塗り込み後
DSC08430.jpg
DSC08448.jpg
DSC08445.jpg
DSC08440.jpg
赤いボディに黒い下廻り…いいコントラストになりました。ボディのコーティング同様 下廻りのアンダーガードも出来るだけ新車のうちの施工がお勧めです。(経年車も錆を処理してアンダーガードできますよー)

中秋の名月…

2013/09/19


今夜は中秋の名月… 秋の空に綺麗な月が浮かび上がっています。中秋の名月イコール満月ということではないということを今日初めて知りました。ここ3年は 中秋の名月イコール満月ということですが,次の満月の中秋の名月は8年後とか?それも晴れていなければ見られないということで…今夜の月は必見ですね?
DSC08533.jpg
さて今日は 月のように丸いヘッドライトをつけた最近人気のこのお車..ホンダ N ONEのご紹介です。
DSCF5268.jpg
DSCF5264.jpg
DSC08367.jpg
新車ご購入と共にボディコーティング,ガラスへの全面撥水コーティング,アルミホイールへのホイルコーティングというメニューでお預かり,新車から新車を超えた輝きに変わっていきます。
DSC08460.jpg
DSC08506.jpg
DSC08461.jpg
DSC08465.jpg
新車を超えた新車の輝き! TTクリアファイナライズ5層コートの完成です!
アルミホイールも夏,冬両方のホイールをホイルコートさせていただきました。
DSC08274.jpg
DSC08271.jpg
DSC08281.jpg
DSC08279.jpg
DSC08464.jpg
DSC08507.jpg

新型フィットハイブリッド入庫!

2013/09/18


今日も秋らしい天気でした。最近は日中の気温も大分低くなってきており,更には朝晩 寒いくらい?な気温に…そろそろ布団が必要になってきたようです。どちらにしても過ごしやすい季節になってきました。
さて この秋めがけて新車をご購入される方も多いようです。そんな中 今日のご紹介は トヨタ アクアよりも燃費向上の新型フィット ハイブリッドです。省燃費車戦争? どこまで発展していくのか楽しみですねー。
DSC08348.jpg
下廻りの防錆処理3Sアンダーガード! 新車ご購入の際に施工される方が増えています。いつものように タイヤハウス内にもしっかり塗り込みます。ボディと同色の青っぽいタイヤハウス内も…
DSC08325.jpg
アンダーガードを塗りこみまっ黒なタイヤハウスに変わりました。
DSC08335.jpg
DSC08327.jpg
DSC08336.jpg
下廻りのほとんどがカバーに覆われている フィット ハイブリッド..アンダーカバーを外した状態での塗りこみです。
DSC08330.jpg
この部分がアンダーカバーに覆われているところです。マフラーの遮熱板も外して しっかり塗りこみます。
DSC08329.jpg
アンダーガード塗りこみ後,マスキングを外し 遮熱板を取り付けると こんなキレイでムラのない仕上がりになります。
DSC08342.jpg
アンダーカバーを取り付ける前の画像を撮り忘れてしまいした…ということでアンダーカバーを取り付け完成です。
DSC08339.jpg
DSC08344.jpg
新型フィット ハイブリッド 3Sアンダーガートの完成です! これで厳しい北陸の冬も安心ですね。みなさんの愛車の融雪剤(塩カリ)対策は大丈夫でしょうか?

快晴! 久々の秋晴れ…

2013/09/17


今日は火曜日 みがき工房高岡は定休日でお休みです。昨日の台風18号の被害が嘘のような今日の天気となりました。
突風(竜巻?)や豪雨の被害を受けたみなさんには申し訳ないのですが,久しぶりの休日を満喫させていただきました。
台風が通り過ぎたあと,雲がほとんど見られない秋の空に..ススキがキレイに咲き誇って?いました。
DSC08383.jpg
DSC08385.jpg
途中増水,濁りが まだ取れていない所も見受けられましたが ここの川は透き通るくらい綺麗な水の流れでした。
DSC08400.jpg
なんの木? か?わかりませんが,きれいな赤い実が日差しを浴びて輝いていました。
DSC08387.jpg
薪の山…こちらは豪雪地帯なのでしょうか?あちらこちらの家の横に薪の山..灯油ではなくマキストーブを使っているんでしょうが 見事なくらいにキレイに積まれた薪でした。
DSC08390.jpg
DSC08389.jpg
地域限定! の缶コーヒー発見.. 「ジョージアは東海地方の元気を応援します」と東海地方限定の缶コーヒーを出しているようです。名古屋城の金のシャチホコマークの でら!珈琲 二代目ということですが初代もあったのでしょうか? なにはともあれ珍しいものとして購入,いただきました。
DSC08403.jpg
東海北陸道から中部縦貫自動車道を経て高山まで足を延ばしてみました。本当に気持ちの良いドライブ日和の一日でした。
DSC08406.jpg
DSC08404.jpg

新車から3年経過…

2013/09/16


台風18号の列島縦断, あちらこちらで豪雨,突風の被害が発生…明日までに まだまだ大雨が予想されている所も多いようです。気をつけて下さい と言っても自然相手..どうしようもない部分もありますが 天気予報や注意報,警報には敏感に対応して行きたいものです。みなさんの所は被害出ていませんでしょうか?富山県内 高岡市は 朝から どこの河川もかなり増水していました。
3連休最後の今日も いろいろなお問い合わせ,ご来店をいただきました。新車ご購入でコーティング施工される方が増えています。が その仕上がり,その後の保護力等に中々 満足できないというお話をよく伺います。そんな中 こちらのお車は新車から3年経過,艶や輝きは維持されておられますが,シミやキズの付着を含めて お車の状態チェック,メンテナンスさせていただきました。
DSC08265.jpg
DSC08263.jpg
DSC08261.jpg
「コーティングは何年持ちますか?」 とよく聞かれます。 新車,経年車 また走行条件,保管条件,お手入れ方法,頻度等条件によって違ってきます。何年持つか? の保証は ほとんどのコーティングが艶の保証を1~5年間という風に保証しています。基本的にはワックスを掛けなくても艶が維持できるということなのです。しかし せっかくコーティングをしたのに その上に市販のワックスやコート剤を掛けて元のコーティングの効果をなくし,逆にシミや汚れを付着させている場合も少なくありません。
みがき工房高岡は コーティングを施工させていただくだけではなく その後の洗車を含めたお手入れ方法のご提案,症状に応じたメンテナンスもお勧めしていますので コーティング施工後の愛車の綺麗さに不満や疑問が発生したら 気軽にご相談下さい。
DSC08302.jpg
DSC08307.jpg
DSC08309.jpg
3年経っても新車の輝き! お車の症状に応じたメンテナンスで それが可能となります。傷むだけ傷んで研磨するというパターンは塗装の耐久性を低下させると共に 艶,輝きも劣っていきます。愛車の状態を見て 小キズやシミの付着が気になったら早めの対応がお勧めです。気軽にご相談下さいねー

いかがお過ごしでしょうか?

2013/09/15


世間では3連休…その3連休真ん中の今日は早くも今月3回目の日曜日,みなさんいかがお過ごしでしょうか? 今月は雨の日が多く天候が今一つです。また台風が来るようで更に雨に降られるのでしょうか?
さて 今日もお車のお引き取り,入庫,お問い合わせと慌ただしく過ごさせていただきました。そんな中での今日のご紹介は?
最近 ご購入されたばかり というお洒落なアルミホイール…早速ホイルコートの施工を!ということでお預かりです。
DSCF5216.jpg
DSCF5226.jpg
DSCF5222.jpg
煌びやかに光り輝くアルミホイール ですが,デスクブレーキダストの付着ですぐにまっ茶々…そんな悩みを解消してくれるのがホイルコート,洗うだけで簡単に汚れが落ちてしまいます。
DSCF5210.jpg
DSCF5209.jpg
DSC08322.jpg
最近 ホイルコートのご紹介が多いように,施工依頼も増えております。ボディのコーティング同様 下地処理からコート剤の塗り込み,乾燥としっかりとした手順で仕上げていきます。更にホイルコートとともに施工依頼の多い商品が このヘッドライトクリーニング&コーティングです。
DSCF5244.jpg
曇ったように白くなったヘッドライト 材質上 どうしても年数が経つと表面がこういう風になってしまいお悩みの方も多いかと…
DSCF5242.jpg
ヘッドライト表面のクリアーの傷みが原因なので,傷んだ部分を取り除き新たにコートしてやることで 蘇ります。 コンパウンドや市販のヘッドライト磨き商品などでも一時的にきれいになりますが1~2ヶ月ですぐに元に戻ってしまいます。しっかりした下地処理とコート剤の塗り込み,乾燥が必要なんですね。
DSCF5251.jpg
DSCF5255.jpg
DSCF5253.jpg
DSCF5248.jpg
足元のドレスアップ,アルミホイールへのホイルコート! ヘッドライトの復元 ヘッドライトコートと施工させていただきました。今度は ボディへのコーティングもお考えとか..次のご来店楽しみにお待ちしております。今回はありがとうございました。

セットでの施工が定番に?

2013/09/13


先にボディコーティング TTクリアファイナライズ5層コートでご紹介させていただいた このお車..下廻りの防錆処理3Sアンダーガードのご紹介と続きます。最近 みがき工房高岡でボディコーティングされる方に下廻りの防錆処理を同時に施工される方が増えています。新車,経年車共に 長くキレイに,そして大切に乗りたいというオーナーさんのニーズが強くなってきています。そんなご要望にお応えするために施工技術,商品をより良いものに!と頑張っております。
DSC08115.jpg
いきなりのバラバラ状態…今回は増量コースで ご覧のとおり,かなりの部品を外しての施工となります。
DSC08126.jpg
そして マスキングされ,スクリーン?に覆われた お車の下で作業が始まります。
DSC08117.jpg
しっかりと塗り込むために もマスキングは きちんとしなければなりません。
DSC08228.jpg
アンダーガード塗り込み後 マスキングを外し更に細部の仕上げていきます。

アンダーガード塗り込み前DSC08119.jpg
アンダーガード塗り込み後
DSC08235.jpg
フロントタイヤハウス内塗り込み前
DSC08123.jpg
フロントタイヤハウス内塗り込み後DSC08249.jpg
DSC08243.jpg
3Sアンダーガード増量コース完成です! 手間暇のかかる作業ですが,5年保証10年耐久となるよう 厚く,ムラなく,綺麗に…今回もいい仕上がりになりました。