2014年9月

コーティングの施工は極力新しいうちに...

2014/09/22

DSC01543
吸い込まれそうな青い空,秋らしい いい天気が続きます。そんな青空の下での完成記念画像,もうすぐ ご購入から1年が経過しようとしているこのお車です  

DSC01538.jpg
DSC01539.jpg
DSC01537.jpg
DSC06183.jpg

黒と黄色のツートンカラー,更にはアルミホイールも黒できまっています... 

最近まで屋外保管ということで 黒の塗装のルーフはシミやキズの傷みが.. 
DSC01469.jpg
その傷みを取り除くと..
DSC01473.jpg
DSC01483.jpg
DSC01474.jpg
ルーフの作業が終わると黄色の塗装部分へ.. 
DSC01511.jpg
DSC01496.jpg
DSC01492.jpg
DSC01508.jpg
DSC01505.jpg
DSC01506.jpg
DSC01501.jpg
お洒落なお車 ホンダ N ONEへのTTクリア5層コートの完成です。先にご紹介してあるアルミホイールのコーティングと合わせて施工させていただきました。 今後は カーポート保管になるとのこと,このきれいさをぜひ継続していただきたいものです。塗装は出来る限り傷みの少ないうちに取り除きコーティングで保護していきたいものです。  

秋らしくなってきました…

2014/09/19

DSC01421
秋が深まってきています。 日中も過ごしやすく 今年は残暑をほとんど感じられなかったのは気のせいでしょうか?
久々のブログアップは アルミホイールのコーティング,ホイルコート2連発です。
 

DSC01416.jpg
DSC01415.jpg
DSC01412.jpg
DSC01411.jpg
DSC01409.jpg

そして もう一台は!
DSC06162.jpg
DSC06159.jpg
DSC06163.jpg
ホイールの作り,塗装状況によって塗り込むコート剤,塗り込み方も異なってきます。 
DSC06183.jpg
DSC06182.jpg
DSC06179.jpg
DSC06176.jpg
DSC06173.jpg

視界すっきり...

2014/09/13

DSC01248
青い空に白い雲,更には沈んでいない日中の月と いろいろな風景が見られるこの季節..相変わらず天気は不安定? 晴れていたかと思えば あっという間に雨..今年はどんな秋になるのでしょうか?

さて 明日9月14日から 予約受付となる セラミックプロ9H,大変お待たせいたしました。8月の導入決定から メーカーでの講習,自社での検証を重ね,いよいよ 待ちに待った販売開始です。

そんな話題のコーティングも楽しみの一つですが,今日のご紹介は お車の窓ガラスのお悩み?対応商品です... 
窓ガラスについてしまう細かいシミの付着,どんな市販のクリーナーで落そうとしても落ちない..ある意味ボディを磨くより大変な作業になる場合もあります。そんなシミが付着する原因は様々ですが 気になる..でもどうしようもない...そんな状態のお車が入庫してきました。  
DSC06088.jpg
ガラスに付着したウロコのような細かいシミ...簡単には取れません,とにかく時間をかけて丁寧に取り除いていきます...  
DSC06093.jpg
スッキリ除去できました。ガラスを傷つけずにシミだけを除去,技術と根気のいるお仕事です... 
DSC06108.jpg
DSC06139.jpg
フィルムの貼ってあるリアガラスは シミの付着がよく見えます。お車のガラス全部が この状態ですからシミの除去だけでも相当な時間と手間暇を要します...除去前 
DSC06082.jpg
シミ除去後... 
DSC06114.jpg
DSC06142.jpg
ガラス全体のシミの除去を終えると洗車,乾燥ののちガラスへ撥水コート剤を塗り込み,中赤外線ヒーターで乾燥,仕上げとなります。撥水コートは雨の日の視界確保のほかにシミや汚れの付着防止という機能も高いのです。市販品の撥水コート剤には 逆にシミが付着しやすいものもあるので ご注意下さい  
DSC06101.jpg
DSC06096.jpg
DSC06123.jpg
DSC06129.jpg

CERAMIC PRO 9H 発売,ご予約受付開始です!

2014/09/13

slider07[1] いよいよ 最高硬度9Hの比類なき高度を持つ 常識を超えたコーティング RAMIC PRO 9H 9月14日(日)より ご予約受付開始です! 

※まずは 驚きの効果を画像にてご覧下さい...

注. まったくキズが入らないわけではありません。しかし 従来のコーティングとは 明らかに効果が違います!

大変お待たせいたしました。北陸富山県に ついに上陸!  RAMIC PRO 9H 艶,塗装保護力,耐擦り傷性等 今まで体験したことのない硬度を持つコーティング 大切な愛車をいろいろな弊害から守ってくれる本物のコーティングに ようやく巡り合うことが出来ました。

 
DSC01050.jpg
DSC01056.jpg
DSC01062.jpg
詳しいことをお知りになりたい方は気軽にお問い合わせ下さい。店頭にはデモ用ボンネットもあります。 ご自分の手でガンガンして確かめて見て下さいねー!

きれいになるのは 気持ちがいいですねー...

2014/09/12

DSC01206
定休日を利用しての床の塗装塗り替え..無事終了いたしまして,夜間を通しての作業と業者の方に感謝,感謝です。3年前に戻ったようにピッカピカ..水が流れていたら滑りやすいのが少々気になりますが,(ご来店いただいた時は ご注意下さいね)これでまた気持ちよくお仕事に励むことが出来ます。 

さて 久しぶりのご紹介となります,下廻りの防錆処理3Sアンダーガード..暑い季節が終り汗をかく量も大分少なくなりました。 

DSC00908.jpg
スクリーン?の中で下廻りをしっかりマスキング,しっかり塗り込むための大切な作業です。 
DSC00910.jpg
白い下廻りが 黑いアンダーガードで覆われます... 
DSC00920.jpg
こちらのお車は ハイブリッド車,大きなアンダーカバーで下廻りをガードしています。アンダーガードの乾燥後 そのカバーを取り付けます。 
DSC00926.jpg
下廻り全体の施工前です... 
DSC00909.jpg
下廻り全体の施工後です... 
DSC00919.jpg
下廻り全体の施工後 アンダーカバー取り付け... 
DSC00925.jpg
色違いの同じお車の下廻り全体の施工後 ... 
DSC00801.jpg
色違いの同じお車の下廻り全体の施工後 アンダーカバー取り付けで完成です 
DSC00804.jpg
フロントタイヤハウス施工前... 
DSC01029.jpg
フロントタイヤハウス施工後... 
DSC00929.jpg
リヤタイヤハウス施工前... 
DSC01031.jpg
リヤタイヤハウス施工後... 
DSC00927.jpg
お車の下廻りを黒いアンダーガードで塗りつくしてしまいます。冬の融雪剤(塩カリ)や融雪水(鉄分を含んだ地下水や海水を利用している所も..)による錆からしっかり守ってくれる3Sアンダーガード,出来る限りサビの発生していない新車のうちの施工がお勧めです。(もちろん 経年車も施工できますよー)  

定休日ですが….

2014/09/09

DSC01086
火曜日,みがき工房高岡は定休日のお休みです。昨夜は 日中の予想に反して快晴..中秋の名月 ご覧になった方も多いのでは? 当然 カメラに収めさせていただきました。昨夕のまだ空が明るいうちの満月も見事でした…

DSC01144.jpg
月の光に照らされる富山湾…
DSC01142.jpg
闇夜に浮かび上がる新湊大橋…
DSC01141.jpg
そして 夜の不思議な風景を演出してくれる?中秋の名月…
DSC01154.jpg
昨夜の月と富山湾の夜景をお届けしましたが,今夜のスーパームーン みなさんご覧になられましたか?自然の造り出す風景も いいものですね…
 

正しい治療でないと直りませんね?

2014/09/08

DSC01064
夕方 青い空に欠けた月… 秋は一段と月がきれいに見える季節です。この月は3日前のものです,今日8日は満月,中秋の名月ということですが 今夜の天気は微妙? 更に明日9日は 今年3回目のスーパームーンが見られるとか?9日の19~20時ころが見ごろということです。スーパームーンのことを詳しく知りたい方は  http://grapee.jp/14838をご覧になって下さい。

さて 今日のご紹介は 相変わらずお問い合わせが圧倒的に多い ヘッドライトのお悩み… ヘッドライトの曇りやひび割れ,黄ばみ等々にお悩みの方が相当いらっしゃるようです? そして ご自分で市販のヘッドライトコーティングキットを試してみた..有料で磨いてもらった..どちらも すぐに黄ばみが元に戻った等 中々満足いく結果が得られていないようです。

ヘッドライトを磨くという行為は数千円台からの料金で あらゆるところで取り扱っているようですが 正しい知識,技術で施工されている所が少なく 結果的に今の現状に至っているようです。 

今回ご入庫いただいたお車のヘッドライト,かなり重症… 他でやってもらったが余計に悪くなったということで表面は真っ白..「せめて運転席側のヘッドライト並みになれば」というオーナーさんの想いを受けまして 片側のヘッドライトリペアに挑んでみました。 
DSC05997.jpg
DSC05999.jpg
DSC06008.jpg
DSC06002.jpg
DSC06000.jpg
これだけ傷んでいる状態も中々珍しく,どんな仕上がりになるかは やってみて見ないとわからないということを了承いただいての作業開始です!
DSC06014.jpg
ヘッドライト表面の傷んだクリアーを除去していく.. よくあるのが ポリッシャーでコンパウンド使用して磨き一時的にきれいになる..が弱ったクリアー層を更に薄くしているだけなので その状態にコート剤を塗っても すぐに元に戻ってしまう.. 正しい知識が問われる磨き(治療)方法での施工が横行しているのが残念… 
DSC06012.jpg
DSC06015.jpg
真っ白だった状態から ここまで蘇らせることが出来ました。けして 簡単な作業でここまですることはできません.. 
DSC06021.jpg
DSC06018.jpg
きれいになったヘッドライト表面に新たなクリアーの塗り込み,UVによる乾燥…こうしてヘッドライトリペアの完成です!
DSC06036.jpg
DSC06035.jpg
DSC06029.jpg
DSC06032.jpg

 「運転席側程度になってくれれば」という願いを超えて 助手席側の方がキレイに蘇ってしまいました。 すべてのヘッドライトが こんな風に蘇るわけではありません。傷み具合によって出来ることに上限があります。また ヘッドライト内部のの傷みや曇り,黄ばみはどうすることもできないのが現状です。

しかし 表面の傷みに関しては このように新品状態に近くなり 持続効果も3年以上と期待できます。ヘッドライトの材料 ポリカネイドの傷み状態によってどこまで蘇るか?というのが ヘッドライトリペア,勿論 お車のボディの磨き同様 状態の判断,磨き技術で仕上がりは大きく変わります。何はともあれ 今回もオーナーさんにご満足いただけたことがうれしい限りです…
DSC06026.jpg

検証...

2014/09/04

DSC00967.jpg
みなさんが 動画をご覧になって興味津々,販売開始を心待ちにしていらっしゃる CERAMIC PRO 9H...販売開始を前に検証に次ぐ検証を重ねております... いまだかってない画期的な商品であることは間違いない事実..そのことを実際に施工して実感,そして みなさんに伝えるための正しい知識を...

まだ ご覧になっていない方は こちらをどうぞ!  


注. まったくキズが入らないわけではありません。しかし 従来のコーティングとは 明らかに効果が違います!

D-PROガラスコーティング各種,TTクリアコートとみがき工房高岡オープンと共に提供させていただいておりましたが,よいものを常に求めて... 今回セラミツクプロ9Hの導入へ... 今以上にみなさんに喜んでいただける商品の提供が出来るお店を目指し,コーティングプロショップ みがき工房高岡は更に進化していきます

DSC00970.jpg
DSC00968.jpg
DSC00966.jpg
DSC00962.jpg

みなさんに動画のように ガンガン ライターで叩いていただくためのディスプレィ用のボンネツトを用意しています。(間違っても ご自分の愛車や他人のお車をガンガンしないで下さい、キズも付けば凹みもします

ベンツやBMW等または 国産高級車等 どのボンネットを用意しようか?悩みましたが 国産軽乗用車のボンネツトを用意してきました。というのは 高級車のボンネットが高くて買えなかったから?ではありません。 けして よい塗装ではない塗装を どこまで強く(美しく)出来るか ということを第一テーマに決めました。そんな 国産軽乗用車の塗装もガンガン出来るのか? 楽しみにご来店下さい。 ご来店いただいた方には もれなくガンガンしていただきます??  
DSC01050.jpg
DSC01061.jpg
DSC01060.jpg
DSC01059.jpg
DSC01054.jpg

天気がスッキリしません...

2014/09/04

DSC01038
9月に入り早4日が経過...やはり季節は秋,涼しさが明らかに変わってきたように思えます。といいつつ 今日の日中は久々に暑かったですが.. 新しいコーティング SERAMIC PRO 9Hのお問い合わせが増えてきています。 「いつから売り出すの? 価格は? 動画見たよetc.」 大変お待たせしております。 価格設定,商品の検証等々 慎重に事を進めさせてもらっております。今月からの販売開始は間違いありませんので いましばらくお待ち下さいねー...
さて 油断するとすぐにブログの書き込みが疎かに... みなさん本当によく見て下さっていて感謝,感謝です。9月初めての書き込みは? 

DSC01019.jpg
DSC01018.jpg
DSC01022.jpg
今にも泣き出しそう?な空の下,スッキリしない空模様をクッキリ映し出しております このお車,ご購入されたばかりの トヨタ カローラフィルダー ハイブリッド..TTクリア5層コートの完成です。  

DSC05995.jpg
DSC05991.jpg
DSC05984.jpg
新車を正しく磨く...新車を磨くことが当たり前という考えを みがき工房高岡のブログをご覧のみなさんは よく理解していらっしゃると思いますが,磨くことを勘違いしている所も多いようで? 

ポリッシャーをガンガン回して熱を掛けて塗装を鏡面仕上げする...磨けばよいというものではないんです,特に最近のお車は塗装の膜厚が薄くなっているので磨き過ぎは要注意です。 あくまでも 塗装状態を正しく判断できる目が大切でして,その塗装状態に応じた治療(磨き)をしなくてはならないのです。  
DSC01006.jpg
DSC00987.jpg
DSC00992.jpg
そんな意味でも 新車塗装の肌調整は 塗装の耐久力を落とさないように 最小限の負担で磨く...そんな知識,技術を駆使して 磨かせていただいています。 正しい塗装の肌調整ののちTTクリアのベースコート補充...これも画期的なものです。より深い艶になり,塗装の保護力も向上...施工方は未公開なので いつも同じような画像しか紹介できないのが申し訳ないんですが... 
DSC01004.jpg
DSC01005.jpg
深い艶,黒い鏡..新車を超えた新車の輝き! を一番敏感にお感じになるのは オーナーさん.. 今回のオーナーさんも引き取りに来店され,生まれ変わった愛車に ビックリ,そして満面の笑顔... 今回の施工ありがとうございました  
DSC01002.jpg
DSC01013.jpg
DSC01011.jpg