2016年10月

10月が終わりました…

2016/10/31

今日は10月31日 何の日?と問われて 「ハッピーハロウィン」と答えられなかった私… 次々と新しい祭り?イベント?を受け入られる人々の姿をテレビで見て圧倒されるだけ… これも全国的に広まるので(もう広まっている?)しょうか?そんなハロウィンの31日が終わるといよいよ11月となります。2016年も残すところ カレンダー2枚です。「一年経つのが本当に早い… 」と感じるのは私めだけでしょうか? いえいえ そんなことを考える前に 毎日を有意義に過ごすことを考えるべきかと… プラス思考,最近の言葉で言うとポジティブ?で行きたいと思います。

さて 今日も みがき工房高岡の前を高岡万葉線の路面電車が走っています。その中でも人気のドラエモン電車,水色のボディが目立ちます。  IMG_1362.jpg
IMG_1358.jpg
今日のご紹介は 一昨日に引き続いてのこのお車,自動運転装着の日産セレナ ボディのコーティングに引き続き下回りの防錆処理のご紹介となります。 
IMG_1323.jpg
IMG_1322.jpg
お車の裏側を防錆処理するわけですから リフトアップして下回りをしっかりマスキング致します。ボディにかからないよう スクリーン?のように覆ってしまいます。そのスクリーン?の中は…
IMG_1324.jpg
IMG_1315.jpg
IMG_1316.jpg
IMG_1313.jpg
IMG_1312.jpg
念入りなマスキングでアンダーガードの塗る準備完了です。手間はかかりますが,ボディの磨きの時同様 しっかり作業するためには,それに適したマスキングが必要となります。そのマスキングで仕上がりが大きく変わるんです。  
IMG_1371.jpg
IMG_1373.jpg
IMG_1396.jpg
IMG_1395.jpg
IMG_1394.jpg
アンダーガードを塗り込み,乾燥後 マスキングを外し細部の補充を終えて完成となります。錆びる個所を確実に塗る… それが出来なければ 本当の防錆処理とは言えません。 勿論 仕上がりは綺麗なくらいの黒い下回りとなります。  
フロントタイヤハウス塗り込み前 
IMG_1311.jpg
IMG_1310.jpg
フロントタイヤハウス塗り込み後  
IMG_1384.jpg
IMG_1383.jpg
リヤタイヤハウス塗り込み前 
IMG_1309.jpg
IMG_1308.jpg
リヤタイヤハウス塗り込み後  
IMG_1327.jpg
IMG_1325.jpg
タイヤハウスもしっかり塗り込みます。
IMG_1391.jpg
IMG_1390.jpg
IMG_1379.jpg
ボディ&下回りを各コーティングでしっかりガード,長く大切にお乗り下さいね。今回は 本当にありがとうございました。 おっと ホイルコートのご紹介を忘れる所でした。重ねてありがとうございました。 
DSC05527.jpg
DSC05544.jpg

DSC05536.jpg
DSC05535.jpg
DSC05532.jpg
DSC05530.jpg
DSC05541.jpg
DSC05540.jpg
DSC05538.jpg

気が付けば?

2016/10/29

10月最後の週末を迎えました。今日は流石に寒い.. もう1か月もすると空から白いものが落ちてきます季節的に 冬は嫌いではありません。が お仕事的には閑散期となります。なぜ? 雨が降ったら お車の洗車はしませんよね。冬の間は 雪が降り,道路事情も悪い..そして何より寒い,さらには 洗車しても またすぐに汚れるからと愛車のお手入れが疎かになる季節なのです。しかし 冬場こそ お車が汚れ.傷む時期なのです。それがわかっていても 寒さとすぐにお車が汚れるという現実から逃れることが出来ません。
DSC09897.jpg
DSC09895.jpg  (2015年の冬の画像です,直にこんな世界がやってきます…
 
というようなことから 冬場の新車,中古車の購入が少ないということも含めて 北陸富山の自動車業界は閑散期となるわけです。特に天気がよくないと愛車を磨こうという気分にもなりません。そんなわけで もう1か月もすれば熊たちのように冬眠となります?その冬眠が終わると怒涛の春商戦が始まります (本当は来る春にめがけて,いろいろな準備,お勉強する,技術を磨く時期なんです)  

さて 新車納車が発売前のリコール発生ということで1か月以上待たされたという話題の自動運転機能付きのこのお車が入庫してきました。このオーナーさんのお世話をさせていただくのは7~8年ぶりかと? わざわざ訪ねていただきありがとうございます。またお世話させていただきうれしい限りです…
DSC07117.jpg
DSC07103.jpg
DSC07104.jpg
DSC07105.jpg
DSC07099.jpgDSC07102.jpg
DSC07101.jpg
コーティング前の下処理洗車,窓ガラスの全面撥水コートを含め洗い契ります?  
DSC07151.jpg
DSC07206.jpg
DSC07205.jpg
DSC07211.jpg
DSC07141.jpg
いろいろな個所の保護と磨き作業を確実に行うためのマスキング完了で いよいよ新車塗装の肌調整開始です! 
DSC07176.jpg
DSC07175.jpg
DSC07167.jpg
紫色のきれいな塗装ですが やはり膜厚が薄い… 塗装状態が確認できたら,その状態に応じての塗装への負担を最小限に抑えた技法で作業を行います。「何が変わるの? 新車を磨く必要があるの?」と疑問を持たれる方もあるかと.. こう変わります。
DSC07237.jpg
DSC07238.jpg
新車塗装肌調整前の照明の写り方に注目? ピンボケしたように照明の周りの枠がうつろに映っています。   
DSC07233.jpg
新車塗装肌調整後の照明の写り方に注目?照明の周りの枠がクッキリ映っています。このわずかな違いが 新車塗装本来の輝きに大きくかかわるのです。  
DSC07227.jpg
新車塗装肌調整が終わると最小限のマスキングを残し,コーティング剤の塗り込みです。層を重ねることも可能なセラミックプロ9H! 塗り重ねるほど艶と保護力が増していきます…

DSC07266.jpg
DSC07274.jpg
オーナーさん曰く,妖しいほどの美しさを照らし出す… とにかく綺麗さが際立ちます。そんな輝きを強い保護力で維持してくれるのもセラミックプロ9Hなんですね。  
DSC07336.jpg
DSC07338.jpg
DSC07305.jpg
DSC07304.jpg
日産セレナ 新車へのセラミックプロ9Hの完成です。窓ガラス全面撥水コート,ホイルコート,下回りの防錆処理と合わせて施工させていただきました。今回の施工本当にありがとうございました。防錆処理のご紹介は また後日にさせていただきます。
DSC07337.jpg
DSC07293.jpg
DSC07269.jpg

紅葉がきれいな季節ですが…

2016/10/27

紅葉が真っ盛り? 全国各地から紅葉の便りが聞こえてきます が みなさんは お出かけされましたでしょうか? 昨年,岐阜県の新穂高ロープウェイに乗ってきました。そして 紅葉が丁度見ごろ..本当に綺麗でした。晴れていたので青空とのコントラストが素晴らしく久しぶりに美しい紅葉に感動したものでした。 ですが,今年は お休みと天候が中々 一致しません?どこかのタイミングで出かけたいのですが…(画像は 2015.10/18のものです)

DSC06368.jpg
DSC06332.jpg
さて 久しぶりの書き込み,ご紹介となります。今日のお車は?  
IMG_1178.jpg
IMG_1206.jpg
IMG_1205.jpg
IMG_1208.jpg
新車から二年経過しています。塗装状態を確認ののち下地処理(磨き作業)へと進んでいきます。 
IMG_1183.jpg
IMG_1182.jpg
最近のお車の塗装の膜厚は かなり薄い.. 今回のお車の塗装の膜厚は100μ以下です。 聞くところによると「昔(いつ頃?)と比べると薄くてもきれいな色を出せるようになった」とのこと? 軽量化,低コストといったこともあり 塗装の進歩とともに薄くなってきているみたいですが,塗装が薄くて良いことは あまり考えられません。多少のキズは コンパウンドで磨いて取る..といったことが中々難しくなっています。鏡面加工とシングルポリッシャーでガンガン磨くこともタブーです。塗装の耐久性を維持するには 塗装に負担の少ない磨き技術が必要となってきています。 
IMG_1214.jpg
IMG_1226.jpg
IMG_1230.jpg
最近は塗装にシミが付きやすい? 黒などの濃色車が多くなってきたから余計に目立つのか? シミでお悩みの方が多いかと思われます。シミも大きな雨シミ,小さいが細かくて深い穴になるウォータースポット,花粉,黄砂,酸性雨,冬場の塩カリ等による環境や季節要因による影響も年々厳しくなってきています。深いシミが出来て 月面のようにでこぼこになっている塗装も少なくありません。そんな状態も昔ほど磨いて取ることが厳しくなってきています。 このお車もルーフに大きなシミが.. できる範囲で除去していきます。
IMG_1244.jpg
IMG_1245.jpg
下地処理が終わるとベースコートを塗布,そして いよいよコーティング剤の塗り込みです。今回選んでいただいたコーティングは やっぱりこれでした。  
IMG_1305.jpg
9HとLIGHT 二つのコーティングで成り立つセラミックプロ9H! 今までのガラスコーティングとは明らかに違う,当然お客様の満足度も..何がそんなに違うかは あなたの愛車で体感していただきたいものです。 
IMG_1306.jpg
セラミックプロ9Hの完成です。今年7月に下回りの防錆処理3Sアンダーガードを施工していただき,今回 ボディのコーティング施工と遠方からのご来店を含め 本当にありがとうございました。
IMG_1302.jpg
IMG_1303.jpg
IMG_1300.jpg
IMG_1333.jpg
IMG_1341.jpg
IMG_1336.jpg
IMG_1335.jpg
IMG_1337.jpg
IMG_1339.jpg

白さがまぶしい…

2016/10/17

久しぶりに土日と良い天気,お出かけになった方も多かったのではないでしょうか? 特に昨日の日曜日は秋らしい気持ちの良い天気でした。そんな久しぶりの天気に喜んでいると10月も半ばを過ぎてしまうという月日の駆け巡る速さに改めて驚かされています。4年後の東京オリンピックも この調子なら,あっという間にやってきそうですね… さて 今日のご紹介は?
DSC07079.jpg
最近 入庫いただくお車のハイブリッド車の割合が,かなり高くなっております。,燃費の良いことは勿論ですが, 更にエンジンとモーターによるスムーズな加速も たまらない魅力です。そんな ホンダ アコードハイブリッドへのコーティングは やはりこの商品です。 
DSC07038.jpgDSC07042.jpg
DSC07041.jpg
新車への塗装肌調整の実施は みがき工房高岡の常識,塗装状態診断ののち塗装に負担をかけないように処理していきます。   
DSC07046.jpg
DSC07053.jpg
下地処理が終わるとベース剤を塗り込み,乾燥後 いよいよセラミックプロ9Hの塗り込みです!
DSC07055.jpg
DSC07056.jpg
セラミックプロ9Hは何層にも塗り重ねることが出来るコーティングです。塗り重ねるほど輝き,保護力は増していきます。塗ることと乾燥の繰り返しで丁寧に仕上げていきます。  
DSC07073.jpg
DSC07074.jpg
DSC07071.jpg
DSC07075.jpg
DSC07072.jpg
新車の白さがまぶしい鮮やかな白に変わりました。セラミックプロ9Hの完成です! 塗装肌調整で新車本来の輝きにする.. セラミックプロ9Hで更に美しい艶,そしてその美しさを維持してくれます。   
DSC07090.jpg
DSC07091.jpg
DSC07088.jpg
DSC07087.jpg
DSC07084.jpg
DSC07085.jpg
DSC07081.jpg

北陸富山の冬対策?

2016/10/13

北の方から そろそろ雪の便りが..富山県でも立山の方は もう初雪が降ったとか? いよいよ白銀の冬がまたやってきます。スキーやボードをされる方は待ち遠しいことと思いますが,ウインタースポーツに縁のない人には 降ってほしくない雪なのです.. そして冬場は なんといっても道路の凍結対策にまかれる凍結防止剤,別名 塩カリの量が半端ではありません。特に高速道路,幹線国道,山間部道路を この時期走行するとボディも下回りも 塩カリ汚れで真っ白になってしまいます。ボディは洗車できますが,下回りまでは中々手入れできないのがつらいですね。そんな下回りの錆対策は 新車時の防錆処理の施工につきます。

今日のご紹介は 昨日 ボディへのコーティングの施工の紹介をさせていただいたこのお車,実はコーティングよりも先に 下回りの防錆処理を4月に施工させていただいておりました。 ボディも下回りも これで万全! 厳しい北陸富山の冬を迎えることが出来ますね。 
DSC03067.jpg
車種によっては 下回りのアンダーカバーがほとんど装着されていない 丸裸状態なお車もあります。しっかり塗り込むために まずはマスキング作業…
DSC03069.jpg
お車をリフトアップ,完全に覆った状態でアンダーガードのコート剤を塗り込みます。まずは半分…
DSC03071.jpg
全体に塗り込み乾燥させます…
DSC03074.jpg
乾燥後 マスキングを外し,細部の塗り込みを施し完成です。  
DSC03095.jpg
タイヤハウスも しっかり塗り込みます…
DSC03078.jpg
DSC03077.jpg
エンジン部の足回りも…
DSC03075.jpg
DSC03096.jpg
下回り全体の施工前…

DSC03068.jpg
下回り全体の施工後…

DSC03093.jpg
黒いアンダーガードで覆われた下回り,錆からお車を しっかりガードしてくれます!
DSC03097.jpg
DSC03100.jpg
ご紹介が遅くなりましたが,昨日のコーティングに引き続き ご紹介させていただきました。いつも本当にありがとうございます。 

寒くなってきました…

2016/10/12

DSC06938.jpg
過ごしやすい季節になりました..から 朝晩と寒い季節に変わってきました。今年の秋は雨ばかり?という風に感じるくらい秋らしい気持ちの良い青空が見られていない気がします。今週後半から週末にかけては晴れの週間予報ですが どんな天気になるのでしょうか? 定休日明けの今日のご紹介は ハイブリッド車の入庫が続く中のこのお車です。 
DSC06833.jpg
今年3月に新車でご購入,約6か月経過しているので塗装の傷み具合をしっかりチェックののち肌調整開始です!
DSC06842.jpg
DSC06847.jpg
DSC06856.jpg
DSC06865.jpg
DSC06877.jpg
DSC06837.jpg
DSC06878.jpg
DSC06879.jpg
DSC06897.jpg
下地処理(塗装肌調整,磨き)が終わると いよいよコーティング剤の塗り込みです。今回選んでいただいたのは やはりセラミックプロ9Hでした
DSC06888.jpg
DSC06927.jpg
DSC06928.jpg
9HとLIGHTの2種類のコーティング剤で成り立つセラミックプロ9H,何層にも塗り重ねることも可能なコーティングです。ただ塗って拭き取るだけのガラスコーティングと違って施工に時間と技術を要しますがその輝き,保護力は従来のガラスコーティングとは明らかに違います。
DSC06933.jpg
DSC06932.jpg
DSC06931.jpg
DSC06936.jpg
DSC06934.jpg
DSC06935.jpg
セラミックプロ9Hの完成です! より鮮やかな白さで輝くお車に生まれ変わっています。今回の施工ありがとうございました。
DSC06930.jpg
DSC06929.jpg
DSC06924.jpg
DSC06925.jpg
DSC06923.jpg
DSC06922.jpg

三連休いかがお過ごしでしょうか?

2016/10/08

強い勢力を持った台風が日本列島を縦断,久しぶりに北陸地方も直撃?でしたが みなさんのところの被害はいかがでしたでしょうか? お隣の石川県金沢市では風速43メートル,台風の被害が新聞に大きく載ってりました。みがき工房のある富山県高岡市は それなりに風が強かったのですが これといった被害が周辺ではなかったようです?(翌日 バス停の標識がかなり倒れていました。また 街路樹も一部倒れていた程度?) 大した被害がなかったことにほっとしております。 そんな台風が通り過ぎた今週末は 世間では3連休? 皆さんは いかがお過ごしでしょうか?
DSC06253.jpg
DSC06255.jpg
さて 今日のご紹介は ホンダフリードスパイク新型車発売! なのですが あえて前のフリードスパイクをお探しになりご購入(必ずしも新型車が ご自分の好みにあうということではなく..前の型の方がいいということでした),ディーラーさんの試乗車だったということで新車から半年しか経過していないお車ですが 状態はどうでしょうか?
DSC06276.jpg
DSC06279.jpg
塗装の膜厚と目視チェックの結果,塗装の肌調整(磨き処理)のレベル(方法)を決定します。
DSC06265.jpg
DSC06266.jpg
DSC06358.jpg
塗装状態は 半年しか経過していないということですが,ボンネットには 洗車の拭き,磨きキズが… このレベルであれば ほぼ新車状態に復活します。肌調整前  
DSC06271.jpg
そして 肌調整後
DSC06272.jpg
少々重症なのがルーフです。拭きキズなどに加えてシミの付着がかなり見られます。手の届かないルーフは どうしてもお手入れが疎かになりがち.. 半年しか経過していないのにこの状態です。 
DSC06302.jpg
DSC06295.jpg
症状に応じて治療(磨き処理方法)が変わります。塗装にできるだけ負担がかからないようにして仕上げていきます。
DSC06319.jpg
そんな風に全体を肌調整して コーティングの下地処理完了です。
DSC06317.jpg
DSC06324.jpg
DSC06254.jpg
DSC06361.jpg
今回選んでいただいたコーティングは やはりこれ セラミックプロ9H でした..

DSC06372.jpg
セラミックプロ9Hの完成です。新型フリードスパイクよりもきれいな新車に復活です 
DSC06370.jpg
DSC06366.jpg
DSC06369.jpg
DSC06363.jpg
長く大切に乗るために.. ボディのコーティングだけではなく 下回りの防錆処理3Sアンダーガードも一緒に施工させていただきました。今回の施工 ありがとうございました
DSC06222.jpg
DSC06218.jpg
DSC06228.jpg
DSC06249.jpg

コーティング施工のその後…

2016/10/02

久しぶりの青空,秋の心地よい風を感じながらお仕事に向かいます。少し前のうだるような暑さは何だったのでしょうか?今年も残暑らしい残暑がないまま秋本番へと突入です。さて そんな今日のご紹介は新車から3年経過のこのお車.. 新車ご購入時にTTクリア5層コート施工いただいてから早3年,今回はTTクリア補充メンテナンスを実施させていただきました。
DSC06667.jpg
どんなよいコーティングを施工しても その後のお手入れ..定期的に洗っていただくことが お車のきれいさの維持に大きくかかわってきます。汚れをためない..これが一番大切なポイントとなります。勿論 保管条件,走行(使用)条件等でも お車の状態は大きく変わります。ご自分でお手入れしていて違和感(汚れ落ちが悪い,最近あまりきれいさを感じない等) を感じた時は すぐにご相談下さい。お車の症状に合わせた各種メンテナンスで再び愛車をきれいにさせていただきます。
DSC06653.jpg
DSC06651.jpg
DSC06652.jpg
DSC06666.jpg
特に最近は環境の変化,酸性雨 黄砂 花粉 冬季の塩カリ(融雪剤) の影響で塗装に与えるダメージは相当厳しい状態です。北陸富山県は 雨が多く,冬は雪が降り凍る,そのために道路には融雪剤を大量に散布.. さらに雨や雪が続くと洗車する意欲がなくなったり,「どうせすぐ汚れるから」と洗車をしなくなる…結果としてこの時期は洗車する機会が著しく減少します。こんな汚れる時こそ洗ってやらなければならないのですが現実的には それが疎かになっています。 洗車は定期的に実施,そして汚れる時期は尚 こまめに洗うことをお勧めいたします。定期的な洗車が汚れをためないことが お車をきれいにする一番の秘訣です。 
DSC06656.jpg
D-PRO TTクリア セラミックプロ9Hといろいろなコーティングをご提供させていただいています。それぞれのコーティング,商品によって長所,短所 また保護能力,性能,効果の維持力等の差があります。極力 より良いものを提供させていただいているつもりですが お車の使い方,保管状況,お手入れ(洗車のやり方,回数等)は 人それぞれ違っています。コーティング自身は簡単に取れたりするものではありません。しかし せっかく施工したコーティングの上に洗車機のワックスや別のコート剤を使用したり,コンパウンドやクリーナーで汚れを落とすことでコーティングも落としている..そういったことも発生しています。そうならないようにコーティング施工後の正しいお手入れ方法をしっかり理解していただきたいと思います。 
DSC06657.jpg
DSC06660.jpg
DSC06658.jpg
DSC06646.jpg
コーティングは先に書いたようにコンパウンドやシンナー類を使用しない限り簡単には落ちたりしません。むしろコーティングの上に付く汚れや鉄粉等が問題です。酸性雨や水道水,井戸水によるシミの付着,撥水コート剤によるシミ,ウォータースポットの付着も深刻な問題です。更には 高速走行による虫の付着,鳥の糞の付着,木の下に駐車した時に付着する樹液等は塗装の奥まで浸透して取れなくなるということをご理解いただき, 特別な付着物や汚れはすぐに洗車して洗い流す。そんなことも大切な愛車のきれいさを維持するポイントです。

時折,「コーティングしたら洗車もしなくていいんだろ?」と勘違いをされている方の声も聞きます。従来よりお車の塗装を維持するにはワックスをかけてカバーしてきた。しかし ワックスの持続効果は短く(1~2か月程度)作業も面倒..ということで長期持続し,ワックスよりも紫外線に強いコーテイングを施工することで洗車だけのお手入れで維持できるようになった。汚れたら洗わなければならないのは当たり前のことなのです。
DSC06648.jpg
せっかくきれいになって それが洗車だけで維持できるようになった愛車,その後をどう維持されるかは ご自分次第(正しい手洗い洗車の実施) です。お手入れが(洗車が)なかなかできない方は 気軽にご相談下さい。 

いよいよ10月です!

2016/10/01

週末,そして今日から10月.. また台風が発生しているようで来週初めあたりに日本上陸かと? 気持ちの良い秋晴れに中々会えません.海水温の上昇(エルニーニョの影響?)等で台風は勢力が増し,必ずと言っていいくらい日本に近づく,または横断,縦断..上陸のたびに被害は甚大.. けして他人ごとではありませんのでみなさんご用心下さいね。そんな台風や地震の被害も少なく 普通に仕事が,生活ができる..そんな当たり前な毎日に心から感謝です。  
DSC06552.jpg
DSC06555.jpg
DSC06556.jpg
DSC06561.jpg
DSC06560.jpg
DSC06562.jpg
相変わらずポリッシャーを握っています? 今回のお車も新車でご購入されたばかりのお車,塗装状態のチェックののちしっかりと塗装肌調整の実施です。
DSC06573.jpg
DSC06621.jpg
二つのコーティングで成り立つセラミックプロ9H,層を重ねるごとに強さ(保護力)と美しさ(艶 輝き)が増していきます。 
DSC06541.jpg
DSC06540.jpg
DSC06596.jpg
コーティングはボディの表面だけではなく,ドアの内側やステップ部分にも施工しています。 
DSC06612.jpg
DSC06613.jpg
DSC06610.jpg
DSC06614.jpg
ただ塗るだけのコーティングではなく..塗り込むことに技術と手間が必要ですが,塗り込みと乾燥を重ねることで強い被膜となり美しい輝きも増していきます。 
DSC06624.jpg
DSC06626.jpg
DSC06625.jpg
トヨタ エスティマへのセラミックプロ9Hの完成です。更に深みのある艶,新車本来の輝きとなりました。水は弾きや洗車の楽さに きっとご満足いただけると思います。が きれいにする秘訣は定期的な手洗い洗車につきます。洗車キットを使ってぜひ可愛がってあげて下さい。今回の施工 本当にありがとうございました。  
DSC06619.jpg
DSC06618.jpg