冬の間に…

2015/01/17

ここ数日の天気で すっかり消えたみがき工房高岡前の雪,せっかくスッキリしたと思ったら 夕方近くから お約束の?雪模様…北陸富山の冬は まだまだこれからのようです…
DSC07202.jpg
冬と春では装着するアルミホイール(タイヤ)が違う? 雪の降らない所の方は 「なんのこと??」って感じでしょうか。 そうです雪が積もり凍結する道路を走行するには スタッドレスタイヤが必要なんです。そのために12~3月は スタッドレスタイヤ装着,雪がなくなる3,4月から通常のラジアルタイヤ装着…これが雪国 富山県なんです。

考え方を変えれば一年の間に二種類のアルミホイールを楽しめる(スタッドレスをスチールホイルに装着される方もおりますが) しかし,二種類のタイヤとアルミホイールの費用を考えると…スタッドレスタイヤは価格は割高で,タイヤのゴムが摩耗しやすすく寿命が短い…と色々あります。どちらかというと 履く期間の長いラジアルタイヤにメインのアルミホイールを装着される方が ほとんど,そのアルミホイールを履いていない冬の間にお手入れするのが秘かな流行りと?なっております… 
DSC06713.jpg
DSC06714.jpg
道路の汚れをもろに受けるタイヤ,アルミホイール..更には デスクブレーキのダストをかぶり,ブレーキから伝わる熱で そのまま焼き付いてしまう等々 アルミホイールが まっ茶に汚れている光景をよく目にします。そんな汚れがタップリ,洗うだけでは取れなくなるのも不思議なことではありません..  
DSC06712.jpg
そんな状態が こんな風に… 新品のようになっていますが洗うだけで こうなるわけではありません。キレイにするノウハウは秘密? 手間暇もかけなくては ここまて゛キレイにはなりません。  
DSC06853.jpg
DSC06858.jpg
DSC06854.jpg
表の汚れも…
DSC06711.jpg
DSC06709.jpg
表も裏も新品のように蘇りました…
DSC06848.jpg
DSC06850.jpg
DSC06862.jpg
今回のホイルコートは昨年から話題のこれを施工いたします 
DSC06819.jpg
何層にも塗り重ねていくことによって 今までのホイルコーティングでは得ることのできなかった艶と保護力が…
DSC06825.jpg
DSC06827.jpg
DSC06833.jpg
DSC06835.jpg
春を待ちきれない…そんな気持ちになるくらい綺麗になったアルミホイール,冬は お手入れするに限ります…
DSC06844.jpg
DSC06842.jpg
DSC06838.jpg
DSC06837.jpg
DSC06845.jpg
そして新たにお預かりです… ]
DSC07200.jpg
DSC07201.jpg
こんなお土産までいただいて恐縮です。ありがとうございま~す… 
DSC07198.jpg

カテゴリー: お知らせ, ホイールコート 

コメントを書く


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)